リアファルのローテは金鯱賞→金鯱賞→大阪杯希望!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりディープスカイ産駒はダートですね!!

というわけで、プログレスシチー出資者の皆様、優勝おめでとうございます!
以前の記事(こちら)で書いたように、父ディープスカイのプログレスシチーは
ダートが合っていたようです。向正面から上がっていったところは見ていて
しびれました。

そして、プログレスの半兄ルクソールシチーに出資していた私にとっても
この勝利は本当に嬉しいです。大げさでなく自分が出資しているかのように
嬉しかったですから。

わずか5戦、3歳の4月で競走生活を終えたルクソールシチーの分まで弟には
元気に走り続けてほしいものです。引き続き応援してますよ。

にほんブログ村 競馬ブログへ
かつて在籍していた友駿HCで地方所属馬の募集が始まりました。
友駿は一昔前オーストラリアでも馬を走らせていましたから、地方馬を始めたのは
意外と遅かったのではないでしょうか。

今回募集する2頭は100口募集で1口5~6万円とお手ごろなので、地方馬を持つ
きっかけとしては良さそうですね。

にほんブログ村 競馬ブログへ



プログレスシチーのデビュー戦は10着となりました。
出遅れて行き脚がつかなかったようですし、直線では外を回してきていたので
この結果は仕方がありませんね。一叩きされた次走に期待しましょう。

プログレスシチーの父はディープスカイなのですが、
先日読んだ本に血統評論家の栗山求さんが「ディープスカイ再評価のススメ」と
いうコラムを書いておられました。そのコラムによると、

・2015年1月から8月末までにディープスカイはJRAで33勝をあげており、
全種牡馬中16位だが、社台SSで繋養されている(されていた)種牡馬を
除くと第5位。3世代でこの成績は悪くない。

・ディープスカイ産駒は上がり時計に限界があるので芝のレースでは厳しい。
芝連対率は12.5%だが、ダート連対率は17.5%と優秀。
芝のG1馬というイメージを捨てて、ダート種牡馬と認識したほうがよい。

・2015年の種牡馬成績をダートのみに限定すると、ディープスカイは25勝を
あげて、全種牡馬中11位タイ。社台SSに繋養されている種牡馬を除くと
サウスヴィグラスに次いで2位タイとなる。

・産駒成績は2歳より3歳、3歳より4歳と連対率が上がっており、晩成タイプと
いえる。ダート向きの晩成タイプであるディープスカイは異質な存在である。


というような記載がありました。(詳細は「サラBLOOD!vol.4」にて)
プログレスシチーは馬格もある程度ありますし、母の父がブライアンズタイムですから、
ダートが合うかもしれません。

にほんブログ村 競馬ブログへ
100131_京都001
(写真は2010年1月31日、京都競馬場パドックに掲出したルクソールシチーの
横断幕です。もう6年近く経つんですね。)

懐かしい写真を引っ張り出してきましたが、今日はルクソールシチーの半弟、
プログレスシチーが阪神競馬場でデビューを迎えます。
そこでネット競馬のプログレスシチー掲示板を読ませていただきましたが、
今でもルクソールシチーのことを大切に思っている方がいらっしゃって、名付け
親としては非常に感慨深いものがあります。
もちろん私も忘れることがない大切な馬です。

残念ながら半兄は道半ばで競馬場を去ってしまいましたが、プログレスシチーには
健やかに競走生活を全うしてほしいです。

阪神競馬場にはプログレスシチーの横断幕が出るらしいので、横断幕を拝見する
のも楽しみです。果たしてどんな横断幕なんでしょうか。

にほんブログ村 競馬ブログへ
久しぶりに友駿のホームページを見てみましたが、新春セール募集馬の
価格がお手頃になっているのに驚きました。
父親が違うので当然なのですが、かつての出資馬、ルクソールシチーの
半弟が1200万円というのは安いですよね。
ルクソールシチーは2800万円しましたから。

あとクロフネスキーとしてはマルセイユシチーの2013も気になったり。
芦毛のクロフネ産駒のうえ、しかも牝系が友駿伝統のジーゲリン系ですから、
手堅く走ってくれそう。この馬は牝馬のほうが良かったかな。

にほんブログ村 競馬ブログへ

関連タグ : 競馬, 友駿,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。