.引退愛馬 サンレモシチー

ここでは、「.引退愛馬 サンレモシチー」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふとサンレモシチーのことが気になったので、行方を調べてみました。
調べた結果、すでに静岡のつま恋ホースパークを退厩して、同志社大学の
馬術部でお世話になっていることがわかりました。

馬術部のホームページでは「ごつい体を持つとってもびびりなお姉さん」と
ちょっと失礼なことが書かれていましたが、部員さんに可愛がってもらって
いるようで何よりです。

馬術部の同僚(?)には元キャロットのエキゾーストノートもいるんですね。
こちらは角居先生の馬でしたっけ。

同志社大学体育会馬術部
http://doshisha-equestrian.d2.r-cms.jp/

にほんブログ村 競馬ブログへ
今年1月に肺から来る鼻出血のため引退となったサンレモシチー。
中央未勝利とはいえサンデーサイレンス牝馬ですから、繁殖にと
当時は思ったのですが、クラブの発表では引退後は乗馬になると
アナウンスがありました。

そして今日ふと彼女のことを思い出し、つま恋ホースパークのHPを
のぞいてみると「サンレモシチー」の名前がありました!
ヤマハつま恋ホースフェスティバル の2007年第2戦・第3戦の障害
競技に参加している馬名の中に「サンレモシチー」の名が。
しかも8月25日に行われた「H80障害飛越競技」という競技では優勝
しているではありませんか。
(OP馬のイングランドシチーに勝ってる!)

体質も弱く、気性も良くない彼女が障害競技で頑張っていることが
わかって非常に感激しました。
スタッフの皆さんにも十分ケアしていただいているんですね。
サンレモよ、つま恋乗馬クラブの方にかわいがってもらうんだよ!

 サンレモが頑張っているのは → つま恋ホースパーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。