.引退愛馬 ケンタウルスシチー

ここでは、「.引退愛馬 ケンタウルスシチー」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東大農学部付属牧場で繋養されていたヒシアケボノ(牡16)が今シーズンで
種牡馬を引退することになったようです。
ヒシアケボノといえば、私にとっては友駿会員になって購入した2番目の馬、
ケンタウルスシチーの父親としての印象が強いですね。

そのケンタウルスは9戦して勝ち上がることはできませんでしたが、勝ち馬と
コンマ2秒差の3着があったりして、なかなか楽しませてもらいました。
所属厩舎はその当時交流戦を使わなかったので、「交流戦を使ってくれ!」と
願っていたのを思い出します。
ケンタウルスシチー
ケンタウルスシチー(牡・父ヒシアケボノ・栗東・鹿戸幸治厩舎)
9戦0勝(0-0-1-1-1-6)
募集価格1500万円(500口)


にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 友駿, 競馬, ケンタウルスシチー,

友駿に入会して2番目に購入したのがケンタウルスシチー。(参照)
ヒシアケボノ×マヤノクローバー(ハギノカムイオー)という血統で1口3万円でした。(500口)

  バイオニックでお世話になった鹿戸幸治師が管理
  父ヒシアケボノがちょっとおもしろい
  まあまあ安い

上のような理由で買ったんだと思います。
残念ながらケンタウルスは勝ち上がることはできませんでしたが、3着だった
阪神競馬場でのレースはグリーンチャンネルで見ていて興奮したことを覚えています。

彼のチャームポイントだった顔を見てもらいたいけど、写真がない…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。