リアファルのローテは金鯱賞→金鯱賞→大阪杯希望!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャプテンシチーの近況が出ました。

今週の出走を予定していますが、最終的には追い切りの状態を見て決めます。佐々木師は「この中間は特に異常はありませんが、カイバ食いが落ちています。しかし、状態のほうは変わりないので出走させる方向で調整します」と話しています。


カイバ食いが落ちている状態で福島へ長距離輸送をかけるようなので、馬体の
回復は期待できません。
そこへきて初のダート戦となりますから、このままでは未勝利馬にも負けそう
今からでもいいから、しっかりご飯食べてよ、キャプテン!
スポンサーサイト

関連タグ : 友駿, キャプテンシチー,

JRAのダートGIを2つとも制覇したウイングアロー…という紹介よりも、当ブログでは
パルティアシチーの父と紹介した方が通りがよいウイングアローが種牡馬シンジケートを
解散することになりました。
今後は青森県の東北牧場で種牡馬を続けるとのこと。東北牧場さんといえば、近年では
ケイワンバイキング、古くはダービー馬マツミドリを生産した名門ですね。
アローも新天地で頑張ってもらいましょう。

ウイングアローやスマートボーイは好きな馬ですし、その前はメイショウテゾロも
応援していたし、結構アサティス系が好きなのかもしれないなあと。
パルティアもアサティスの孫だから、好きなのかも(笑)

関連タグ : 競馬, パルティアシチー,

ちょっと遅くなりましたが、ようやくレキシントンシチーが復帰戦を迎えます。
さらに復帰戦を惨敗したキャプテンシチーが目先を変えてダートを走ります。
レキシントンは11月3日(土) 京都12R D1,400mとなるでしょうが、難しいのは
キャプテンの番組選択。

11月3日(土)・4日(日)に福島競馬場で予定されている500万下条件のダート競走は
以下の7つあります。どのレースを使ってくるかが見ものです。

 <D1,000m> 日曜3R
 <D1,150m> 土曜9R
 <D1,700m> 土曜6R・土曜8R・日曜4R・日曜6R・日曜8R
今週は8頭が出走した我らがシチー軍団。
勝利を期待できる馬もいたのですが、残念ながら未勝利に終わりました。
今週出走のメンバーで勝てないとは正直思わなかったです

あらためて勝つということは難しいと再確認いたしました。

関連タグ : 友駿,

土曜京都4R、障害オープンに出走したパルティアシチー
1番人気に支持されましたが、残念ながら4着になりました。
道中も口を割って走っていたにも関わらず、最後踏ん張っていたのは
収穫ではなかったでしょうか。

やはり9分の1で重賞を除外されて、調整も難しかったのかもしれません。
人馬とも再度の仕切りなおしに期待しましょう。

関連タグ : 友駿, パルティアシチー,

昨日帰宅してみると、クラブから葉書が届いていました。
ディアブロシチー号 会員 各位」で始まる引退のお知らせでした
今年に入ってからアリババ・サンレモと2枚もらった引退のお知らせでしたが、
3枚目をもらってしまいました。
もう今年はお知らせが届きませんように!

無料提供馬のセゾンを除くと、現役稼動馬は2頭になってしまいました。
いい馬いたら新春セールで徴兵するかな…

関連タグ : 友駿, ディアブロシチー,

我が「心の愛馬」パルティアシチーが土曜京都4Rの障害オープンに出走します。
鞍上は前走と同じ南井大志騎手。
2002年のデビュー以来、南井騎手が勝ったレースは1000万下の平場戦が最高で、
特別競走も500万下のレースを1勝(2004年の大森浜特別)しているのみです。

もしここで南井騎手がパルティアを勝利に導くことができれば、人馬とも大きな
1勝となります。
私は買わなかったのですが、パルティアが勝ってハッピーな書き込みを見られる
ように応援しております。

関連タグ : 友駿, パルティアシチー,

復帰戦を14着で終えたキャプテンシチー。次走はダートを使ってみると
公式HPでアナウンスがありました。

持ち時計から1秒7も遅いタイムでしか走っていないキャプテン。
入れ込みがきつかったようですし、馬体も減っていました。
長距離輸送は今の段階では無理のようなので、もう1回使って暮れの
中京で芝に戻すというのがよいのかなあと思ってみたり。

とにかく今は気性の成長と馬体の回復を望むのみ。

関連タグ : 友駿, キャプテンシチー,

エアグルーヴやメジロドーベルが勝ち馬として名を連ね、出世レースとして
有名な、いちょうS(2歳OP・東京芝1600m)をアロマキャンドルが快勝しました。

アロマキャンドルはフレンチデピュティ×エアインセンス(父サンデーサイレンス)と
いう血統です。父がサンデーサイレンスの牝馬に、フレンチデピュティをつけると
いうのは活躍馬を輩出する配合として、1つのパターンになっています。
ライラプスやサイレントプライド、アンブロワーズも同じ配合ですね。

この配合は牧場で育成中の1歳馬、アイダホI(母キミホウセキ)と同じなので、
アロマキャンドルのような活躍馬が出てくると、励みになります。

でもアロマキャンドルは1口70万円、ライラプスは90万円、サイレントプライドは
100万円するんですよね。(ちなみにアイダホIは1口5万円)
「アイダホとは1口の値段が違うだろうが!」と突っ込まれるとコメント
できませんけど

関連タグ : 友駿,

今日の福島8Rに出走したキャプテンシチーは、1分11秒8のタイムで14着と
なりました。
危惧していたとおり馬体重が減っていましたし、道中も前走と違いスムーズに
運べなかったですね。
どうしても短距離戦は出入りが激しくなるので、彼がやる気をなくさないように
走らせるには、ゆったり行ける距離のほうが良いように思うのですが。

やめてしまっては勝てるものも勝てません(苦笑)

関連タグ : 友駿, キャプテンシチー,

夕方コンビニへ行って、いそいそと「一馬」を購入しました。
家に戻ってすぐ、菊花賞の出走表など無視してキャプテンシチーが出走する
福島8Rの頁を開いてみました。
そしてキャプテンについていたのがタイトルの印。
6人中4人が△、2人が無印となっております。
まあ一昨日のブログでも書いたように、休み明け&昇級&長距離輸送と不安な点が
たくさんありますから、これも仕方ないかなと。

でも、佐々木師のコメントはなかなかいいですね。

『体に芯が入ってきた感じで、すごく良くなっている』

ふむふむ、このコメントにすがるとしよう。

関連タグ : 友駿, キャプテンシチー,

キャプテンシチーの復帰戦が21日(日)の福島8R、芝1200mに決まりました。
鞍上は前走に引き続いて、中村将之騎手。
前走では気ムラなキャプテンを最後まで気を抜かせることなく、しっかりと
走らせて1着に導いた中村騎手の手腕に好感を持ちました。

再度中村騎手に期待したいところですが、今回は休み明け&昇級&長距離
輸送と克服する点がたくさんあります。
まずは無事にレースを終えてほしいですね。

関連タグ : 友駿, キャプテンシチー,

先日のブログ(「発見!同好の士」)で取り上げた、職場にいるウインの
会員さんと話す機会がありました。
いろいろ話しているうちに、私が友駿の会員であることを話したら、タイトルの
ようなコメントが返ってきました。
残念ながら、ちょっと小馬鹿にされたような口調でしたね。

まあその人はウイントリガー持ってるから、絶好調なんだろうなあと思いました。
自分もアリババシチーで2歳OP(最大瞬間風速)の経験はあるんだけどね(苦笑)

関連タグ : 友駿,

武田牧場で転厩に備えて乗り込んでいましたが、ペースを上げたところ呼吸音が出ており、スコープで検査をしたところ喉なりの症状が出ていました。場長は「馬体の状態が良くなり次第入厩させる予定でしたが、この状態では進めていくことは厳しいでしょう」と伝えており、関係者と協議した結果、在厩を断念することとなりました。所有会員様にはお知らせをお送りしますのでしばらくお待ち下さい。


復帰を待っていたディアブロシチーは、残念ながら上記のような結果となりました。
ここ数戦のレースを見る限り、すでに喉鳴りの兆候が出ていたんでしょう。

ディアブロは私が正規に出資して初めて勝った馬なので、愛着もひとしおでした。
血統的に「ダート・平坦・短距離」とイメージしていたので、その通り小倉D1000mで
勝ち上がったときは本当に嬉しかったです。

お疲れさま、そしてありがとう、ディアブロシチー

関連タグ : 友駿, ディアブロシチー,

ディアブロが来年6歳になって1勝馬のままなら「収得賞金200万以下の6歳馬は
中央場所に出走できない」ルールの適用により、出走機会が少なくなります。
実質今年もあと2ヶ月となり、ディアブロには上記ルールの適用が確実なので、
来年からは地方交流戦に出走することが多くなると思います。
これは転厩先の嶋田功厩舎の最近の方針にもかなっているようですし。

ちなみに厩舎の交流戦での成績はというと、

 <2007年>
 1-3-6-1-2-23 (勝率2.8% 連対率11.1%)
 <2006年>
 1-0-0-3-2-10 (勝率6.3% 連対率6.3%)
 <総合>
 3-5-12-11-8-55 (勝率3.2% 連対率8.5%)

勝ち星こそ多くはありませんが、5着以内に入って地味に稼いでいるようです。
まずはディアブロに地方適性があるか、そして故障せずに出走できるかどうかが
カギとなりますね。

関連タグ : 友駿, ディアブロシチー,

いつもお世話になっている「一口馬主DB」さんで開設されている「出資馬診断所」で
愛馬を診断してもらってきました。
3Aが一番上で、2A、1A、3B、2B、1B、3C、2C、1Cの順で評価が出るとのこと。
ちょっと怖いけど診断してもらいます。
(スナフキン様、よい記事をありがとうございます。参考になりました。)

 <5歳>
 ディアブロシチー 1B 14.64 (転厩前ver.)
 ディアブロシチー 3C 07.80 (転厩後ver.)

 <4歳>
 レキシントンシチー 3B 31.7
 
 <3歳>
 キャプテンシチー 2B 25.25

 <2歳>
 セゾンシチー 2B 20.26

 <1歳>
 アイダホI 2B 19.4


ディアブロは転厩するとワンランク下がるのね(苦笑)
走ればランクがあがるので、何ヶ月かあとにもう一回見たら、数字が
あがっているといいな。
ウルトラマンじゃなくて、レキシントンシチーが帰厩しました。
今秋の飛躍に期待をしたいです。

代わりにセゾンシチーが退厩してしまいましたが、セゾンの放牧先は
滋賀県の金勝牧場なので、短期放牧ですね。
こちらは一息入れて、テンションを下げてから帰ってきてくれるでしょう。
東京オータムジャンプに登録していた「心の愛馬」パルティアシチーは無念の
除外となってしまいました。除外になるのは9分の1の確率だったのですが。

JRAが障害競走の番組改革を行った1999年以降、障害レースで勝ったクラブの
馬は5頭います。

 2001年 ワンダフルシチー (父アイネスフウジン・中山大障害5着)
 2002年 ガンショットシチー (父サッカーボーイ・三木ホースランドJS2着)
 2004年 テンペストシチー (父フォティテン) 
 2006年 アドニスシチー (父マーベラスサンデー・障害オープン優勝)
 2007年 パルティアシチー (父ウイングアロー)

こうしてみると、障害のオープンクラスに入っても活躍している馬が多いですね。
パルティアの保護者の方は、これからますます期待してもいいのかも。
今回の除外は残念でしたが、次走あらためて応援したいですね。

関連タグ : 友駿, パルティアシチー,

先日ディアブロシチーが嶋田功厩舎へ転厩することがアナウンスされました。
今はただディアブロにチャンスを与えてくれたことに感謝したいと思います。

「馬を使ってくれない」厩舎として、S厩舎(ディアブロが以前所属)やT厩舎(ドミンゴ
等が所属)の名前がネット上であげられています。
私も今回の転厩の知らせを聞くまでは、馬の使い方についてストレスを感じて
いました。

未勝利や500万下にいる馬はコンスタントに出走して、コツコツ賞金を稼ぐことが
肝心だと思います。それなのに、ずっと放牧して自分の馬の出番が来ないと
なれば、保護者はストレスがたまる一方でしょう。
 1. ディアブロシチー 美浦・嶋田功厩舎へ転厩。

 2. レキシントンシチー 今週帰厩予定だが、出走にはまだ時間がかかる。

 3. キャプテンシチー 福島で復帰予定も、動きもう一息。

 4. セゾンシチー 土曜京都で1番人気4着。おそらくこの2戦で放牧。



うーん、つまんないぞ。なんかグッドニュースはないものか…
アドバンスシチーは今日の京都2Rで5着となりました。
ゲートを出た瞬間、「今日は厳しいな」と思わせるほど、レースに対して気持ちが
向いてなかったですね。道中でも佐藤哲三騎手が気合をつけていても、反応しな
かったように見えました。あと馬場も気にしていたのかもしれません。

アドバンスの兄2頭(ヘネシーワールド・バインシャルフ)がセン馬になっていますし、
更にマンハッタンカフェ産駒は気性が悪い馬が多いとも聞きます。
今日のレースでは、そんな内包されていた気性面の不安が出てしまったのではない
でしょうか。

某エリカ様が先日の舞台挨拶で取った態度のように、今日のアドバンスは全く
レースに対して気分が乗らなかったのでしょう。

しかし能力があることはデビュー戦で証明済ですから、次走仕切りなおしに期待
したいですね。

関連タグ : 友駿,

先日の障害未勝利戦をレコードで圧勝したパルティアシチーの次走は、
障害オープンを飛び越えて、重賞の東京オータムジャンプになりそうとのこと。
これで無事出走になった場合、ウイングアロー産駒は中央重賞に初出走と
なります。(地方ではサイレントエクセルがダービーGP等に出走。)

中央では重賞はおろか、今のところ産駒の特別勝ちもないウイングアローに
大きなタイトルをパルティアがプレゼントできるといいですね。

持っていないのにパルティアの記事を書くのは実に楽しい(笑)
これからも「心の愛馬」として応援していくことにしようっと。

関連タグ : 友駿, パルティアシチー,

休日出勤で普段と違う事務所へ出勤し、空いた机に座って待機していました。
ふとその机を見ると、馬の写真が数枚飾ってありました。それぞれの写真に
あるゼッケンを見てみると、
 ウインシンシア
 ウイントリガー
 ウインファンタジア 
 ウインサウザー
 ウインライラ

とありました。今日お休みだった机の主は、「ウイン」の会員さんだったんですね。
先日のクローバー賞を勝ったウイントリガーや、桜花賞に出走したウインシンシアと
いったいい馬をお持ちのようで非常にうらやましいです。

そういえば、今日自分の馬も走ったような気がするけど、まあ気にしないってことで。
今週土曜の阪神競馬2Rにセゾンシチーの出走が決まりました。
前走のレース振りから上位人気が予想されるところですが、「開幕週で前残り」と
「内にしろ外にしろ、極端な枠を引く」の2点にひっかからないかと心配です。

佐々木師は「勝ったら休ませる」宣言をしているので、どうせなら勝って休ませて
あげたいですよね。

関連タグ : 友駿, セゾンシチー,

最近の友駿所属馬、特に関東馬は指定交流競走を使ってくることが多い。
ということは、地方競馬での活躍馬を多く輩出している種牡馬ディアブロを父に
持つディアブロシチーには好都合ではないかなあと思ったり。

関東所属になれば、走れる競馬場が南関4場+岩手の五つ増えると解釈しよう!

関連タグ : 友駿, ディアブロシチー,

昨日のディアブロに続き、キャプテンシチーも福島で復帰予定とアナウンスが
ありました。

10月21日以降の福島競馬。
先週、トレセンに帰厩しました。佐々木師は「トレセンでの動きを見ましたが問題はありませんでした。馬体のほうは大幅には変わっていませんが、状態は良いようなので福島で復帰させたいと思います」と話しています。

あらら、馬体はあんまり変わってないのね(笑)
順調ならディアブロ&キャプテンは3回福島競馬で復帰となるようなので、これを機に
未踏の地、福島競馬場へ行ってみたいなあ。

関連タグ : 友駿, キャプテンシチー,

ブログを始めた当初、その処遇について愚痴っていたディアブロシチーですが、
昨日の公式HPでアナウンスがありました。

11月3回福島競馬以降。
信楽牧場で調整していますが、馬房の関係で美浦の厩舎へ転厩を検討しています。
近々、茨城の武田牧場へ移動する予定です。

まあディアブロは崎山師に戦力外通告を受けたわけですが、関東に転厩して
意地を見せてもらいたいです。なんせまだ7戦しかしてませんし。

佐々木忠義さんが生産した友駿の馬は、引退した松永勇師が管理している
ことが多かったので、ディアブロはそのお子さんの松永康利師が管理するの
かなと私は思っていますが。

関連タグ : 友駿, ディアブロシチー,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。