リアファルのローテは金鯱賞→金鯱賞→大阪杯希望!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャプテンシチーは12月2日の中京6R(D1,700m)に出走となりました。
2Rの若手騎手限定戦ではありませんが、距離をのばしてきました。
鞍上は昨年デビューでキャプテンには初騎乗の田中克典騎手。
田中克騎手は新人さんのせいもあるでしょうが、勝ち星のほとんどが
裏開催であげており、今回の条件にもピッタリです。
あと最近は佐々木晶師の馬にも乗っているようで師の御めがねにかなった
のかもしれません。

例によってキャプテンは気まぐれな馬なので、しっかり乗ってやって
くださいな。
スポンサーサイト

関連タグ : 友駿, キャプテンシチー, 競馬,

近年は馬券を買う回数も減り、買っても愛馬の応援馬券ばかり。
そんな状況なので、今年取った万馬券3本は全てシチー馬がらみ。

 06月09日 キャプテンの未勝利 (単勝130.6倍)
 08月25日 パピヨンの大雪HC (3連単125.2倍)
 11月23日 レキシントンの円山特別 (馬連200.3倍)

生まれて初めて取った万馬券がシチー馬がらみのレースだから、
これも仕方ないのかなあ… → (このレース)
まだクラブの会員になる前の話だけど。

レキシントン万馬券

関連タグ : 友駿, 競馬,

レキシントンシチーがお世話になったペリエ騎手。ジャパンカップでも
ポップロックを2着に導くなど、今年もその腕は健在です。

そんなペリエ騎手の公式ブログがあるんですね。 → (こちら)
まだ書き込みこそ少ないですが、なかなかおもしろいです

そんなペリエ様からレキシントンへのおことばです。

「スタートは良かったけど、内からも来られてしまって、思っていた以上に厳しいペースになってしまいました。それでも自分から進んで行ってくれたし、後続が来ていることはわかったけど、押し切れる感じがありました。上のクラスでも通用すると思いますよ」

関連タグ : 競馬, レキシントンシチー,

23日の円山特別で優勝したレキシントンシチーは、レース後に異常が
見られないとのこと。安心しました。これで1600万下に昇級です。
1600万下はなかなか出走もかなわないので、中1週で除外狙いで
登録していくようです。

 12月09日(日) 中山10R アクアラインS(D1,200m)
 12月15日(土) 阪神10R アクアルミナスS(D1,400m)
 12月23日(日) 中山08R 2007フェアウェルS(D1,200m)

どこで出走できるのか、注目です。
友駿の公式HPによると、キャプテンシチーの次走は

 12月2日(日) 中京2R 500万円以下(若手騎手・D1,700m)

を予定しているとのこと。
今後のために距離が持つかを試してみるのもいいのかな。
おそらく騎乗するであろう中村騎手、頼みますよ。

関連タグ : 友駿, キャプテンシチー, 競馬,

アドマイヤムーンがジャパンカップを制した直後に、週刊ギャロップの懸賞で
当選していたアドマイヤムーンのクオカード(宝塚記念)が届きました。
これがジャパンカップのレース前なら、神のお告げだと思えたのに。

佐川急便さんがあと30分早く届けてくれたらなあ(笑)

関連タグ : 競馬,

昨日の京都4R、障害オープンで「心の愛馬」パルティアシチーが2着となりました。
前走は折り合いを欠いて4着となりましたが、昨日は折り合いがついていましたね。
これでオープンで戦えることが再確認できたと思います。

オープン2着で600万円を加算したパルティアは総賞金で約3,200万円となり、
中央競馬所属のウイングアロー産駒で総賞金第1位となりました。
(地方のサイレントエクセルは5,000万円以上稼いでいるんですね。)

一度脚を痛めているだけに慎重に使っていってもらいたいと思います。
昨日の京都競馬5Rの新馬戦(D1,400m)で、友駿HCに所属していた
クラリオンシチー(1勝)の半弟、テラノカントリーがデビューしました。
テラノカントリーは世代唯一のムガムチュウ産駒で、さらにクラリオンの
半弟ということから友駿向きの渋い馬ではないかと思いましたが…

テラノカントリーの馬主は、ムガムチュウの馬主、そしてアート引越センターの
会長でもある寺田寿男さんです。GIを勝った愛馬ムガムチュウを種牡馬として
所有し、その仔も所有していたんですね。
となると、テラノカントリーは寺田オーナーのお孫さんみたいなものですから、
クラブに回ってくるわけありません。
でもムガムチュウシチー(仮)なんて渋くていいと思うんだけどなあ…

 ムガムチュウ  →  (こちら)
 テラノカントリー → (こちら)
結果だけはぼく馬メールで知っていたのですが、先ほど円山特別の映像を
JRAのHPで確認しました。当たり前ですが、勝ってました

まだレキシントンは良化途上なので、最低限の格好だけつけてくれればと
思っていました。しかし、予想以上によく走ってくれました。
「やめるところがある」のを防ぐためにチークピーシーズをつけ、きっちりと
追ってくれるペリエ騎手を配した陣営の判断が当たりましたね。

次走は12月15日のアクアルミナスS(阪神D1,400m)か、23日のフェアウェルS
(中山D1,200m)となるのかな?

例によって応援馬券を単勝1,000円と馬連総流し100円を買っていたので、
連休のお小遣いができました!やったー!

関連タグ : 友駿, レキシントンシチー,

     <現在>                            <約1年前>
京都の栗東Sで疝痛・出走取消(07年5月)    京都のドンカスターCで股関節脱臼(06年11月)
       ↓ ←今ココ!                        ↓
休み明けをペリエ騎手で○着(07年11月)      休み明けをペリエ騎手で3着(07年2月)
       ↓                                ↓
叩き2戦目を○○騎手で○着            叩き2戦目を安藤勝騎手で1着(07年3月)


今日の円山特別も、2月の1000万下も、枠番は同じ1枠2番。
そして騎手も同じペリエ騎手。着順も同じ3着かな(笑)
どうやら仕事で見れませんが、無事に回ってきてくださいな。

レースが今日なのを失念して、どうして追いきりのメールが来ないのかと
心配してましたが、日曜日に追いきってましたね…
金曜日の京都10R、円山特別にレキシントンシチーの出走が決まりました。
鞍上には2度目となるペリエ騎手を迎えます。

今回ばかりは相手関係云々よりも、体調がどこまで戻るかがポイントと
なるでしょう。その点でも明日の追いきりは要注目です。

きっちり追いきって体調が上がってくれれば、楽しみも出てきますが…

関連タグ : 友駿, レキシントンシチー,

栗東・崎山厩舎から美浦・嶋田功厩舎へ転厩が決まり、新天地でもう一頑張りと
思っていた矢先にノド鳴りが判明して引退したディアブロシチー
11月14日付でJRAの登録が抹消されました。
あらためて「お疲れさま」といってあげたいと思います。

私にとって正規出資馬初の勝利を与えてくれた馬でした。

関連タグ : 友駿, ディアブロシチー,

JRAが来年の競馬番組を発表しました。→詳しくはこちら
いろいろと変更点はあるようですが、一口やっている人間にとって影響が
ありそうなのは、以下の2点でしょうか。

 <未勝利競走および3(4)歳上500万下競走の出走馬決定方法の改善>
 優先出走を認める前走の着順を「3着以内」から「5着以内」に拡大。
 平地の未勝利競走においては、新馬競走出走後に初めて未勝利競走に
出走する馬に対する優先出走を廃止する。

 <3走成績による出走制限の中止>
 3歳未勝利競走および3(4)歳以上500万円以下競走において実施している、
3回連続して8着以内の着順を得なかった馬に対する出走制限を中止。

未勝利や500万下のレースでは前走5着以内の馬が大部をしめるはずなので、
レベルの高いレースを提供できるとJRAは思っているようですね。
前走5着以内の馬が集まるレースで5着以内に入らないと、次のレースに目処が
たたないということか…
與杼(よど)特別を除外されたレキシントンシチーは、次はここへ登録してきました。

 11月23日(金) 京都10R 円山特別(D1,200m)

23日(金)の深秋特別(東京10R・D1,300m)や、25日(日)のシャングリラ賞
(東京8R・D1,400m)ではなかったんですね。
まだ本調子ではないだけに、輸送がなく負担の少ない京都を使うってことでしょうか。
そして今回は登録したレース名が読めるのが気持ちいいです

でも23日も仕事で見られないんだよねえ(苦笑)

関連タグ : 友駿, レキシントンシチー,

今日はクラブの馬が2勝しましたね~
ショコラ&レッドビームをお持ちの方、おめでとうございます

これでレッドビームは3勝目を初の特別勝ちで飾り、準OP入りを
果たしました。
募集当初よりフラワーサークル('03年函館2歳S2着)の半弟と
いうことで、話題だったんですよね。
確かに重賞2着馬の下なら、友駿では充分過ぎる良血です(笑)

新春セールでも、そんな良血を募集して欲しいですなあ。
(スナフキンさんの情報だと、あまり期待できないようですけど)

関連タグ : 友駿,

名古屋競馬(名古屋市港区)を運営する愛知県競馬組合は13日、同市中区大須地区に計画しているミニ場外馬券売り場の設置が承認されたと発表した。国の構造改革特区制度を利用した全国初の施設。近く工事に入り12月下旬にオープンする。(11月14日付 中日新聞)


大須の万松寺ビル2Fに自動発売機2台・自動払戻機1台という規模で12月下旬に
オープン予定のこの場外馬券売場ですが、この規模だと締切間際に馬券を買え
なかったってことにならないのかな??

万松寺ビルのB1Fにはパチンコ屋(ベイシティ名宝)もあるので、お好きな方は2Fとの
はしごも可能です

関連タグ : 地方競馬,

「競馬最強の法則 12月号」内の佐々木師のインタビューで「あんまり」と
評された佐々木厩舎所属の現4歳世代。本当に「あんまり」なのか、先輩の
世代の成績をちょっと調べてみました。
(馬名の後の記号はS=サンデーレーシング、R=ラフィアン、Y=友駿です。)

 <現4歳> ダークメッセージ (S・4勝・日経新春杯3着)
       マイネルアラバンサ (R・1勝・青葉賞2着)
       レキシントンシチー (Y・3勝・準OP2着)

 <現5歳> インティライミ (S・5勝・重賞3勝・東京優駿2着)
       マイネルダンツァ (R・1勝)
       オハイオシチー (Y・1勝)

 <現6歳> サンバレンティン (S・8勝・重賞2勝)
       マイネソーサリス (R・5勝・愛知杯)
       オペラシチー (Y・5勝・目黒記念)

 <現7歳> ワスカラン (S・2勝)
       マイネルパパリノ (R・1勝)
       オーシャンシチー (Y・2勝)

「アンデスレディーの仔は(・∀・)チゴイネ!」という結論はさておき、現4歳世代は健闘
していると思うのですが、いかがでしょうか?

関連タグ : 友駿, レキシントンシチー,

日曜日に出走予定のレキシントンシチーが追いきりました。
しかし今回も時計はいまいち…
調子が上がらないのは果たして夏バテや蕁麻疹だけのせいなんだろうか。

心配がまだまだ続きます。

関連タグ : 友駿, レキシントンシチー,

現在発売中の「競馬最強の法則 12月号」に佐々木晶三師のインタビューが
掲載されています。
聞き手はターザン山本氏で、全6ページのインタビューです。インタビューの
中心は現在の厩舎のエース、インティライミの話となっていますが、師のファンや
一口クラブで師にお世話になっている方にも、一読の価値は十分あります。

現役一口馬3頭全てが佐々木晶三厩舎所属の私には、師の魅力を再確認できた
インタビューでした。
インティライミの箇所以外の内容&感想としては、
ネット上の情報によると、友駿は例年あったクリスマスセールがなく、
新春セールのみになるとのこと。おもしろい馬が募集されるといいのですが。

いつか各クラブの代表産駒ばかりを集めたセールやってくれないかしら。

父の名前を見ると、タップダンスシチー・キョウトシチー・シルクジャスティス・
マイネルラヴ・マイネルマックス・アッミラーレ・タイキシャトル・社台系は適宜…

関連タグ : 友駿,

月曜日の昼過ぎになると、コンビニ店頭に競馬ブックとギャロップが並びます。
おもむろに競馬ブックの與杼特別登録馬のページを開き、レキシントンシチー
探しました。騎手が誰になるのか気になりますもんね。

レキシントンシチーの騎手の欄には「角田」とありました。
正直予想外でしたが、今年の角田騎手はアグネスラズベリで函館SSを勝ち、
その勢いを駆って、サマージョッキーズシリーズで優勝してWSJS出場を決めており、
好調のようです。

先月スペースフライトで勝ったのが佐々木先生に好印象だったのでしょうか?
個人的には好きなタイプの騎手なので、出走できたらバッチリ応援いたします。
(ライブでは見れないのが残念ですが…)

関連タグ : 友駿, レキシントンシチー,

みかんがおいしそうだったので、テンプレートを変えてみました。
JRAのHPで来週の特別登録馬が発表され、レキシントンシチーも予想通り、

 11月18日(日) 京都12R 與杼特別(D1,400m)

に登録されていました。陣営もそろそろという判断をしたのでしょう。

で、タイトルにはなぜ「よくない」と書いたかというと、18日(日)は出勤という
ことを忘れてました 絶対休めないし、早退もできないし…

 11月17日(土) 東京12R 1000万下(D1,400m) ← こちらにならないかしら

関連タグ : 友駿, レキシントンシチー,

幾千世牧場さんのHPをながめていたら、「オータムセールで1歳の牝馬『愛華』を
落札しました」との記事がありました。

どんな馬か調べてみると、10月19日のHBAオータムセールで105万円で
落札された馬のようです。(購買者はウイングファームとなってますが)
『愛華』は父はウイングアロー(!)、母はフリソデ、そして生産は北海道静内農業
高校となっています。 『愛華』の血統は→ (こちら)

おそらく募集馬ではないと思いますが、代替馬として出てきそうですね。
もし友駿所属の馬としてデビューするようであれば、また注目したいです。
友駿で募集中の南半球産2頭は2月にオーストラリアで開催された2007クラシック
イヤリングセールにおいて、「Yushun International」が2頭とも25,000豪ドル
(約250万円)で落札しています。

 ギンザノの05 25,000豪ドル(約250万円) → 募集価格1,600万円
 フルールソレイユの05 25,000豪ドル(約250万円) → 募集価格1,800万円

2頭とも落札した値段は同じなのに、募集価格が異なるのはフルールソレイユの
父、ストリートクライがケンタッキーダービー等を勝ったストリートセンスを出したせい
なのでしょうか?

でもでもギンザノは豪のG2とG3を勝ってるので、ギンザノのほうが良血かなと。
友駿の内国産で重賞2勝馬の仔は持てないですからね(笑)

関連タグ : 友駿,

今週もレキシントンシチーは回避の模様。多少稽古の動きも良くなったのですが、
まだまだとの判断でしょう。
というわけで、次走は

 11月18日(日) 京都12R 與杼特別(D1,400m)

がといいなあと。しかし「與杼」と書いて「よど」と読むのね。
でも無学な愛知県民には読めなかった

関連タグ : 友駿, レキシントンシチー,

体調回復を願っているレキシントンシチーですが、今日の調教も今一つという
ところ。
更に「ぼく馬」の想定にも名前が無いようです。

故障などではなく、ただ体調が戻らないだけならよいのですが。

関連タグ : 友駿, レキシントンシチー,

先週ひどい調教だったせいか、1週間復帰が延びたレキシントンシチー
体調が上向いて、良い状態で復帰戦を迎えてもらいたいですね。

さて友駿所属のクロフネ産駒(以下クロフネシチー)は、なかなかの成績を
ここまで残しています。
デビューしたクロフネシチー5頭のうち、勝ちあがったのはレキシントンと
ドミンゴの2頭。
そしてまだ勝ちあがってはいませんが、新馬戦2着がチャーミングとフランドルの
2頭。この2頭も近々勝ちあがると思います。

そんなクロフネシチーの特徴として左回りのコースに強いことがあげられます。
昨日の記事で取り上げたアイダホI(キミホウセキの06)の半兄、
ドリームトレジャー(いい名前です)はデビュー戦を5着で終えました。

フランドルシチーに先着されてますが、まずまずのデビュー戦だったかなと。
兄貴もフランドルも次走楽しみにみたいですね。

関連タグ : 友駿,

「デビュー戦で2着!」となると、「次走は1着!」と力が入るところです。
今年の友駿2歳馬は「デビュー戦で2着!」の次が思わしくないですね
デビュー戦2着だったのは今のところ、以下の4頭。

 チャーミングシチー 2着(9/9) → 5着(9/29) → 14着(10/28)
 セゾンシチー     2着(9/16) → 4着(10/6) → 放牧
 アドバンスシチー  2着(9/23) → 5着(10/8) → 10着(10/28) → 放牧
 フランドルシチー   2着(11/4) → ?

仕上がって上積みがないのか、はたまた別の要因があるのか…
 

関連タグ : 友駿, セゾンシチー,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。