リアファルのローテは金鯱賞→金鯱賞→大阪杯希望!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会員になってから経験した愛馬の勝利はようやく10回を数えます。
(半分がレキシントンなわけですが)
その10回の内訳をみると、短距離戦での勝利ばかりということに気づきます。

芝1200m - 2勝(アリババ・キャプテン)
芝1400m - 1勝(バイオニック)

ダ1000m - 2勝(ディアブロ・レキシントン)
ダ1200m - 3勝(レキシントン)
ダ1300m - 1勝(レキシントン)
ダ1400m - 1勝(バイオニック)

出資する際には「ある程度距離は持つだろう」と思っているのですが、
結果として勝利するのは短距離専門という事実。
私が出資する馬はみな短距離馬になってしまうのでしょうか?

フレンチ出資者の皆さん、フレンチが短距離馬になってしまったら、
申し訳ありません(苦笑)
スポンサーサイト

関連タグ : 友駿, 競馬,

「他馬を怖がる癖」を出して惨敗したため、放牧されたレキシントンシチーの
修行の場となる加藤ステーブルさん。
公式ホームページをお持ちなんですね。→ (こちら)
代表の加藤信之氏のメッセージを読むと、専属の精神内科医(ホース・クリニシャン)を
育成スタッフの一員とするなど、競走馬の精神面のケアに力を入れていることが
わかります。

そんな精神面の調教の一例として、「他馬を怖がる馬の改善」も写真つきで
取り上げられていました。
「馬混みを縫う」と副題がついていたので、何頭かの馬と一緒に調教を
行うなどして、課題を改善していくのでしょう。

しっかり調教してもらって、ホームページの「主な活躍馬たち」に名前が載るほどの
活躍を見せてほしいです。

関連タグ : 友駿, 競馬,

2月26日現在の愛馬の近況を。
エースのレキシントンは放牧されましたが、代わりにキャプテンが帰って
きそうです。キャプテンはここが正念場となるでしょう。

レキシントンシチー(牡5・放牧)
すばるSで精神面のもろさを出して惨敗したため、北海道の加藤ステーブルへ
放牧。びっしりと併せ馬を行うことで精神面を鍛えるとのこと。
順調なら4月20日の京葉Sで復帰か。

キャプテンシチー(セ4・放牧)
帰厩に向けて滋賀県の金勝牧場で調教中。
気性が安定しているとのことだが、トレセンに戻ってテンションが
上がらないか心配。中京開催の後半で復帰か。
ここ数戦で結果が出せない場合は退厩も…

セゾンシチー(牡3・放牧)
保養センター(宮崎?)で傷めた肩の様子を見ながら調教中。
体が硬い馬とのことなので、もっと暖かくなってからの復帰かも。

フレンチシチー(牡2・放牧)
エクセルマネジメントでキャンター2400mをハロン20秒ペースで
乗り込んでいる。今のところ脚元にも不安がないようで、極めて順調。
このまま早期デビューまで進んでもらいたい。

関連タグ : 友駿, 競馬,

本日アップされたレキシントンの近況は以下の通り。

4月3回中山競馬以降。
前走後、立て直しを図るため北海道の加藤ステーブルへ放牧に出ました。佐々木師は「前走で馬込みを怖がってしまい弱い面を見せてしまいました。牧場では併せ馬をびっしりと乗り込んで精神面での強化を図っていきたいと思います」と話しています。


まだ北海道は寒いけれど、しっかりと修行してくるのだよ。

皐月賞当日の京葉Sで復帰してくれば、また武豊騎手や安藤勝己騎手に
乗ってもらえるかもしれませんね。
今日の京都5Rでツルマルウンニャ号が優勝しました!
芝2000mからダート1900mへ変更となりましたが、そこは550kg超の
巨漢馬だけあって問題なかったようですね。

しばらく名前が先行すると思いますが、この後も頑張れウンニャ君!

関連タグ : 競馬,

これからデビューを迎えるフレンチシチーに心強いデータを。
昨年暮れに書いた「父はFD、母の父はSS」から2ケ月経っているので、
TARGETを使って再調査してみました。

検索条件は以下の通りです。
 1. 父がフレンチデピュティ(FD)
 2. 母の父がサンデーサイレンス(SS)
 3. 牡馬またはセン馬

その結果は以下の通りです。
 1. 上記1.~3.の条件を満たすのは現3歳~6歳で27頭。(関東11頭・関西16頭)
 2. 27頭中勝ち上がりは14頭。(勝ち上がり率51.9%)
 3. 関東馬11頭中勝ち上がりは5頭。(勝ち上がり率45.5%)
 4. 関西馬16頭中勝ち上がりは9頭。(勝ち上がり率56.3%)
 5. 34勝中芝17勝、ダート17勝。

無事にデビューしていれば、なんと半分以上の確率で勝ち上がり!
今からワクワクしますね~

ちなみに近藤利一氏(アドマイヤ)はこの配合の馬を5頭所有していますが、
全て勝ち上がり。凄いですね。
JRAのHPで確認したところ、レキシントンシチーは「放牧」となっていました。

来月の千葉Sを使うプランもあったようですが、もともとすばるSの
レース前インタビューで佐々木師は
「このレース後は秋までゆっくりさせたい」と話していたそうなので、
予定通りの放牧といえるでしょう。

昨秋から僅か3戦の出走でしたが、オープン入りの目標は達成することが
できました。
復帰後はあらためて重賞へのチャレンジとなりますが、この放牧で英気を
養ってほしいですね。

これから夏までは帰ってくるキャプテンやセゾンに期待することにします。
そして夏になったらフレンチのデビュー、秋にはレキシントンの復帰といった
ところかな?
実際に育成中のフレンチシチーを見に行った方のコメントが
「がんばれシチー軍団」HPに載っていました。
馬体に異常も無く、調教も順調のようで何よりです。

あとは速いところを無事にこなしてくれれば、楽しみも
グンと広がります。

関連タグ : 友駿, 競馬, フレンチシチー,

ぼやいているのも何なので、フレンチシチーのように父親の名前が
由来となっている馬の成績をTARGETで調べました。

1. 対象は2004年産(4歳)から2000年産(8歳)までの5世代
2. 馬名の由来が「父名」・「父名の一部」・「父名より連想」となっていたのは18頭。
3. 馬名右の(   )内は父名。その後は戦績。
4. 青字の馬は勝ち上がっている馬。
5. 勝ち上がりは18頭中7頭。勝ち上がり率は38.9%(クラブ平均の約2倍)

<2004年産>
シャーロックシチー(父タイキシャーロック) 5戦0勝
ジャンピングシチー(父ジャンプスタート) 未出走
ダンシングシチー(父ダンスインザダーク) 2戦0勝
ディヴァインシチー(父ディヴァインライト) 8戦2勝・現役

<2003年産>
エステームシチー(父マークオブエステーム) 18戦2勝・現役
シャトルシチー(父タイキシャトル) 4戦0勝
タキオンシチー(父アグネスタキオン) 19戦1勝・現役
ブラックシチー(父ブラックホーク) 18戦1勝・現役
ラスカルシチー(父クリプティックラスカル) 19戦1勝・現役
我が家にも会報が届いていたので、出資馬以外の2006年産馬の馬名を
あらためてチェックしてみました。
(当然ですがレキシントンの口取り写真に写ってました…)

うまいなあと思ったのは「エリカシチー」ですね。由来は「つつじ科の植物」と
ありますが、誰でもあの女優さんのことを想像しますよね。
いまから気性難には要注意かな(笑)

あとはアミダラ姫の娘だから「レイアシチー」もいいですし、「アルカディアシチー」も
なかなかです。(キャプテンハーロックですね~)

逆に「ミシュランシチー」は由来は「三ツ星」となっていますが、JRAには
「タイヤメーカー」と解釈されるのでは…
「特定の個人・団体名など宣伝(営利)目的のような馬名」は禁止されている
ので、JRAへの馬名申請時にクレームがつくかもしれません。

関連タグ : 友駿, 競馬,

今月の会報に2歳馬の馬名が掲載されているようで、アイダホIの馬名も
ありました。その名は…

「フレンチシチー」です!

って、捻りも何もなしかい!

私は父の「フレンチ」デピュティと、友駿の勝負服から「トリコロールシチー」で
応募したのですが、採用されませんでした。残念無念。
「トリコロールシチー」は先代がいるからかなあ…

関連タグ : 友駿,

バイオニックと稔騎手


上の写真は2003年4月9日に名古屋競馬場で行われた、名古屋CCネプチューン賞の
レース後の様子です。中央が吉田稔騎手、右が鹿戸幸治調教師です。
(当時はデジカメを持っていなかったので、コンパクトカメラで撮影した写真です。)

このレースでは愛馬バイオニックシチーを1着に導いてくれた吉田稔騎手。
まだ中央入りは果たせていませんが、あきらめず挑戦を続けて欲しいですね。
すばるSに出走したレキシントンシチーは見せ場なく13着となりました。

13着 レキシントンシチー 武豊騎手
「行けなくて、砂を被ると怖がってしまっていました」

スタートしてからしばらく芝を走るため、ダッシュがつかなかったんですね。
凡走の理由がこれだけならよいのですが、公式HPの更新がある月曜の夕方まで
心配が続きます。

故障でなければよいのですが…
もう今日になってしまいましたが、レキシントンシチーがすばるSに
出走します。

相手が格段に強くなるだけでなく、200mの距離延長や降雪が
予想される天候、凍結防止剤がまかれたコースとクリアしなければ
ならない課題がたくさんあります。

まずは無事にレースを終えてほしいですが、上の課題を1つでも
クリアして、収穫のあるレースになることを望みます。

ここでちょっと負けて、千葉Sで人気落ちで快勝を…というのは
駄目でしょうかね。
すばるSでのレキシントンシチーのハンデが55.0kgと発表されました。

オープンに入ってまだ実績のないレキシントンが55.0kgで、ガーネットSの
3着(シアトルバローズ)・4着(マイネルアルビオン)が54.0kg…

さらに55.0kgといえば、重賞2着がある馬(オフィサー)や重賞3着がある
馬(トロピカルライト)と同じ…

ハンデキャッパーさん、レキシントンのハンデがちょっと重くないですか(笑)
当初の予定通り、16日のすばるSに登録したレキシントン。

騎乗予定の騎手をチェックするために、すぐに携帯版の
競馬ブックOnlineを確認してみました。
するとすばるSのレキシントンシチーの騎手名には「武豊」の
文字が!
豊騎手、出走が適ったらよろしくお願いします!
やまだや

寒い日が続いているので、中京競馬場名物「やまだや」さんの豚汁をアップ。
(地面に置いていて、ちょっと行儀が悪いのはお許しを)

中京競馬場に行ったら「やまだや」さんで豚汁とおにぎりを買うのが習慣です(笑)
そして馬券の予想&反省をしながら食べる豚汁のなんとおいしいこと。
まさに「豚汁LOVE」です!

JRAによる「やまだや」さんの紹介は→ (こちら)

関連タグ : 競馬,

明日の小倉4R(芝1,800m)でデビューする馬の中に話題(?)の一頭がいます。

その名も「ツルマルウンニャ」号!

「ツルマル」は鶴田任男さんの馬の冠号、「ウンニャ」は宮崎の方言で
「いいえ」という意味だそうですが、かわいい響きの馬ですね

鶴田オーナーの地元、小倉でわざわざデビューさせるとは橋口先生の気合いが
感じられます。興味深くデビュー戦を見守ることにしましょう!

頑張るのだ、ツルマルウンニャ!

<2月10日追記>
ウンニャ君はちょっと離された5着でした。
取りあえず優先出走権が取れたのは大きいですね。

関連タグ : 競馬,

友駿の新春セール募集馬の1頭、リスボンIIの全姉コンゴウマイヒメ(牝3)が
1月19日付で登録を抹消されていました。血統等は(こちら)
今後は静内で乗馬になるとのこと。

リスボンIIの出資を思いとどまらせるニュースですね(苦笑)

関連タグ : 友駿, 競馬,

出資馬が入厩し、ゲート試験に合格した頃に気になりだすのがデビュー戦。
と同時に、デビュー戦の鞍上も気になります。
今までの私の愛馬のデビュー戦の鞍上はこんな感じでした。

 カインド(無料・笹倉・0勝) - 宗像徹騎手
 バイオニック(代替・鹿戸幸・2勝) - 佐藤哲三騎手
 ケンタウルス(正規・鹿戸幸・0勝) - 白坂聡騎手
 サンレモ(正規・佐々木晶・0勝) - 吉田稔騎手
 ディアブロ(正規・崎山・1勝) - 幸英明騎手
 アリババ(代替・田中章・1勝) - 四位洋文騎手
 レキシントン(正規・佐々木晶・現役5勝) - 佐藤哲三騎手
 キャプテン(正規・佐々木晶・現役1勝) - 鮫島良太騎手
 セゾン(無料・佐々木晶・現役0勝) - 安藤勝己騎手

やはり後々にでも勝ち星をあげる馬には、デビュー戦からしっかりと騎手を
手配するものだなと。
となると、現在未勝利のセゾンも期待していいんだ!

関連タグ : 友駿, 競馬,

「枯れた技術の水平思考」とは、任天堂でゲーム&ウォッチやゲームボーイの
開発に携わった故・横井軍平氏の言葉です。

これは「『これまでさんざん使われていて、こなれている技術(枯れた技術)』
『まるっきり違う目的で使用すること(水平思考)』によって、ヒット商品を生み出す」
という横井氏の商品開発における考え方です。
具体的には電卓の液晶をゲーム&ウォッチへ転用したことですね。

横井氏の話をここまで書いたのは、友駿が募集する馬に「枯れた技術の水平思考」
導入をしてほしいと思ったからです。

まず近年の募集馬に多く見られる新種牡馬(最新の技術)の導入よりも、
ある程度実績を出して産駒の特徴もわかっている種牡馬(枯れた技術)を。

そして提携牧場の手持ちの繁殖ではなく、セールで購入でも豪州産でもよいので、
若く活力のある繁殖を導入して、実績ある種牡馬と種付をしてほしい(水平利用)
と思います。

速そうな牝馬につけたバクシンオーの牡馬が欲しいってことなんだけどね(笑)

関連タグ : 友駿, 競馬,

先日エイシンワシントン産駒について調べていたら、2006年産の産駒の
中に競馬ファンにとって夢の配合といえる1頭がいました。

父エイシンワシントン(CBC賞他)、母エイシンバーリン(シルクロードS他)の
牡馬です。

父も母も短距離戦で大活躍し、ファンの多い馬だっただけに、この仔には
大期待です。
誰もついてこれないような素晴らしい逃げ馬に育つといいですね

「エイシン」の平井オーナー、この配合を待ってましたよ!

関連タグ : 競馬,

アイダホI(育成中)の故郷、田端牧場さんをTARGETを使って、簡単にですが
調べてみました。

調べたところアドマイヤゴールド('98エーデルワイス賞)やサンマルアンサー
('06道営記念)、ツルミカイウン('99全日本3歳優駿2着)が主な生産馬のようです。
先にあげた3頭でも27戦、37戦、26戦と、田端牧場生産馬はレースをたくさん
使えているのが非常に頼もしいです。

一口クラブの馬でもキャロットCのスイートルームは39戦、ラフィアンの
マイネルフードゥーは19戦といった具合にたくさんレースを使われています。
(マイネルフードゥーはなんと17戦目で未勝利脱出!)
我々一口者にとっては、レースをたくさん使える馬というのはありがたいもの。

「がんばれシチー軍団」HPのアイダホIのスレッドに田畑牧場は夜間放牧を
取り入れていることや、場長さんの生産馬への愛情の深さも書かれていました。
そのような環境だから、丈夫でレースをたくさん使える馬が出てくるのでしょう。

アイダホ君よ、デビューしたら故郷のみんなを喜ばせるように頑張るのだ!

関連タグ : 友駿, 競馬,

本日の東京競馬の開催は降雪のため中止となり、代替開催は翌日の
月曜日となりました。
これでレキシントンが除外となった根岸Sも月曜日に行われることに。

体調維持も難しくなり、降雪後の馬場を走らなくて済んだと考えれば、
今回の除外も結果オーライだったかもしれません。

まさに「人間万事塞翁が馬」ですね。
ここ数週間、職場中が大混乱する事態が起き、私自身も非常に
イライラしていました。
そんなイライラを吹き飛ばすべく、新規戦力の補充を検討して
おりました。

カタログやホームページ、いろいろな方のブログなどを
見ていて、補充候補として浮かび上がってきたのが、友駿HCの
ハワイI(牝・1口\32,000)です。

ハワイIは好きなサクラバクシンオー産駒ですし、なんといっても
管理厩舎が厩舎ですから、買いの材料は十分。

ハワイほっすいなあ…

まさに「♪ああ 憧れの ハワイ航路I」といったところ。

関連タグ : 友駿, 競馬,

アイダホIの兄貴、ドリームトレジャーが明日の東京競馬場で
デビュー5戦目を迎えます。

なんと鞍上は世界のペリエ騎手!

なぜかレースは芝ではなくダート2,100m!

でもでもペリエ騎手がすんなり先行させることができれば、
おもしろいかもしれませんね~

<2月3日追記>
ドリームトレジャーは9着でした。
デビュー以来2,000m前後のレースにこだわっているようですが、
そろそろ距離短縮等も試してもらいたいかも。

関連タグ : 友駿, 競馬,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。