リアファルのローテは金鯱賞→金鯱賞→大阪杯希望!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月26日現在の愛馬の近況を。
エースのレキシントンは放牧されましたが、代わりにキャプテンが帰って
きそうです。キャプテンはここが正念場となるでしょう。

レキシントンシチー(牡5・放牧)
すばるSで精神面のもろさを出して惨敗したため、北海道の加藤ステーブルへ
放牧。びっしりと併せ馬を行うことで精神面を鍛えるとのこと。
順調なら4月20日の京葉Sで復帰か。

キャプテンシチー(セ4・放牧)
帰厩に向けて滋賀県の金勝牧場で調教中。
気性が安定しているとのことだが、トレセンに戻ってテンションが
上がらないか心配。中京開催の後半で復帰か。
ここ数戦で結果が出せない場合は退厩も…

セゾンシチー(牡3・放牧)
保養センター(宮崎?)で傷めた肩の様子を見ながら調教中。
体が硬い馬とのことなので、もっと暖かくなってからの復帰かも。

フレンチシチー(牡2・放牧)
エクセルマネジメントでキャンター2400mをハロン20秒ペースで
乗り込んでいる。今のところ脚元にも不安がないようで、極めて順調。
このまま早期デビューまで進んでもらいたい。
スポンサーサイト

関連タグ : 友駿, 競馬,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。