リアファルのローテは金鯱賞→金鯱賞→大阪杯希望!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日もクラブの公式HPが更新されていました!

どうやら関西馬だけのようですが、出走予定に入っていながら、今週は除外や回避と
なった馬や入厩予定となっていた2歳馬が更新されていました。
回避した1頭のタキオンシチーについては岡田先生のコメント付きでした。

クラブの中の人も取材できる時間は限られていると思いますが、この調子で
こまめに公式HPを更新していってほしいですね。

良い知らせにしろ、悪い知らせにしろ、このように愛馬に関して多くの情報が
提供されることは会員にとってありがたいことだと思います。

感謝感謝。
スポンサーサイト

関連タグ : 友駿,

うちの4頭を復帰予定順にならべてみると、こんな感じ。

セゾンシチー 6月3回阪神競馬以降
 ↓
キャプテンシチー 7月2回小倉競馬以降
 ↓
フレンチシチー 8月3回小倉競馬以降
 ↓
レキシントンシチー 8月3回新潟競馬以降

順調でもあと一ヶ月は待たないといけないようです(苦笑)
それまでネタが持つかしら…

関連タグ : 友駿,

「フレンチのように早期入厩した愛馬がいたかなあ?」と考えていたら、
アドマイヤボス産駒のアリババシチー(2003年産)が思い出されました。→(こちら)

アリババは2005年5月に入厩して、その年1番最初の函館新馬戦デビュー。
デビュー戦を3着したあと、2戦目で優勝。3戦目の函館2歳Sを5着。

このあたりまではアドマイヤボスの代表産駒と言われたものです。
(このあと骨折して精彩を欠いてしまいましたが…)

アリババのおかげで、早期入厩、デビュー、そして故障には免疫ができました。

関連タグ : 友駿, アリババシチー,

8月3回新潟競馬以降。
加藤ステーブルで順調に乗り込まれています。佐々木師は「夏競馬での復帰を予定
していましたが適鞍が少なく除外などの可能性が高いので、調整もままならず
秋を目標に進めたほうが負担も少ないでしょう」と話しています。


残念ながら、また延期ですね…
ウイングシチーと一緒に秋競馬からの復帰となるようです。

レキシントンは体質が弱い仔ですし、無理して暑い時期のレースを使うよりは
涼しくなってから栗東へ戻そうという先生の判断でしょう。

どうやらもう3ヶ月は待たないといけませんね(苦笑)

関連タグ : 友駿, レキシントンシチー,

フレンチシチーがお世話になっている安達昭夫厩舎は、今週好調でした。
24日はメイショウアサガオでカーネーションCを、25日はメイショウバレーヌで
賢島特別、そしてヤマトマリオンで東海Sを優勝と3勝の固め打ち!

しかもメイショウバレーヌもヤマトマリオンも13番人気での勝利と、安達厩舎の
ファンの方は大儲けしたのではないでしょうか。

これで今年ここまで5勝の厩舎に勢いがつくこと間違いなしですね。
フレンチもこの勢いにあやかれると良いのですが。

関連タグ : 友駿, 競馬,

今日は公式HPの更新日ではないのですが、マーリン・マルセイユの2歳馬2頭が
更新されており、「来週の金曜に入厩する」とアナウンスされていました。

先日のフレンチの検査結果といい、今日のマーリン・マルセイユの入厩予告と
いい、変化があった馬について素早い報告ができているのは、会員にとって
非常に気持ちよく思えるものです。

クラブの中の人も多忙だとは思いますが、この調子で続けてもらいたいですね。
馬だけではなく、クラブの中の人も私は応援してますよ!

関連タグ : 友駿, 競馬,

前走後に脚元を痛めたので、放牧に出されたセゾンシチー。
放牧先は金勝牧場(滋賀県)ではなく、日進牧場(北海道)でした。
調整次第では函館で使うことも視野に入れているのかもしれませんね。

3歳未勝利馬が今の時期に一ヶ月戦線を離脱するのは痛いですが、
こうなったら体調をしっかり整えて復帰してほしいものです。

初戦のパフォーマンスさえ発揮できれば、まず勝ち上がりは
大丈夫なのでしょうが…

関連タグ : 友駿, 競馬,

先月のブリーズアップセールで2歳馬2頭、735万円のお買い上げ。
昨日の千葉サラブレッドセールで2歳馬4頭、1344万円のお買い上げ。

クラブはここ1ヶ月で6頭、2079万円分の2歳馬を購入しているわけですが、
これはクラブの見込み以上に「代替馬が必要」ということですよね(汗)

今回購入した馬が活躍して、代替馬リレーが終わりになるとよいのですが。

と言いながら、来週のひだかトレーニングセールとHBAトレーニングセールでも
何頭か購入していたりして…

関連タグ : 友駿, 競馬,

千葉サラブレッドセールで友駿が購入した残る2頭のご紹介を。

上場番号44 ニホンピロドリームの06・牡・黒鹿毛・525万円

 ニホンピロウイナー産駒の母は1戦1勝で引退。繁殖入り後は地方で
走っている仔を多く出しています。
 母が16歳時の仔ですし、525万円の値段は父ゼンノエルシドに対しての
期待と調教の動きが良かったことが含まれているのでしょうか?


上場番号52 プリエールの06・牡・鹿毛・399万円
 
 フジキセキ産駒の母は南関東で1勝。3代母まで見ても地方で走って
いる仔が多いようです。
 父ノボジャックの初年度産駒は20頭程度のようですから、これはレアな
馬になりますね。うーん、これは珍しいぞ。

しかも、このセールにはストームキャットの牡馬(母はクーヨンガの仔!)や
母ブルーベイブリッジ(3歳牝馬S)の牝馬なんかもいるんですね。

どうせ代替用として買うのなら、ストームキャットの牡馬を買ったらいいのに(笑)

関連タグ : 友駿, 競馬,

今日行われた千葉サラブレッドセール・2歳トレーニングセールで友駿HCは
4頭購入していました。→(こちら)
まずは2頭分の紹介を。

上場番号33 タイキディーバの06・牡・栗毛・210万円

 タイキシャトル産駒の母タイキディーバは未勝利でしたが、母の半兄に
アドマイヤコジーン(安田記念)、全弟にタイキエンデバー(尾瀬特別)がいます。
さらに3代母のミセスマカディーは英1000ギニー馬という、なかなかの良血馬です。
 一流の短距離馬を輩出している母系にトワイニングを付けたのならば、短距離で
バリバリ活躍してもらいましょう。


上場番号16 エアココの06・牝・鹿毛・210万円

 メジロライアン産駒の母エアココは1勝。母の半姉にメイショウケリー(九重特別)が
います。母系をたどると欧州で活躍した馬がたくさん出てきますね。
 さらにたどるとダンシングサーパスの名前も出てきます(懐かしい!)

関連タグ : 友駿, 競馬,

今日の東京3Rでエミネムシチーが初勝利をあげました。内田博幸騎手も
好騎乗だったと思います。

これで2005年産のシチー馬は5頭目の勝ち上がりとなったわけですが、
勝ち上がり5頭のうち4頭が関東馬なんですね。
関西馬の勝ち上がりはチャーミング1頭のみと、この世代の関西馬はここまで
少し苦戦しているようです。

去年の5月から6月にかけて、6頭の未勝利馬が勝ちあがったあの「爆発」があれば、
この苦戦も打開できるのでしょうが。

今年も「爆発」しないかなあ…

関連タグ : 友駿, 競馬,

怪我した仔や脚元に不安が出た仔もいましたが、大事に至らず何よりでした。
今年2勝目は3回阪神以降ですかね(笑)

レキシントンシチー(牡5・放牧)
依然として北海道の加藤ステーブルで特訓中。暑くなる頃に帰厩か。

キャプテンシチー(牡4・放牧)
宮崎ステーブルで馬体の回復に努める。復帰予定の小倉が正念場。

セゾンシチー(牡3・在厩)
前走後に捻挫が判明。一旦放牧して立て直すことに。

フレンチシチー(牡2・在厩)
脚元に疲れが出たのでエコー検査をしたのですが、大事に至らず。
昨日10日ぶりに坂路入り。

関連タグ : 友駿, 競馬,

先日購入した週刊ギャロップ増刊「まるごとPOG」に友駿以外の一口クラブの
募集馬も掲載されているので、つらつらと眺めているのですが、他のクラブの
馬を見るのも楽しいものです。

特に友駿と同じ小口クラブのシルクHCは70頭、キャロットCは85頭も募集馬が
いるので、これから一口を始める人にとっては選択肢が多くて、好みの馬を
選択できる良いクラブではないでしょうか。

シルクライトアップ (父スターリングローズ・600万)
シルクラスカル (父ラスカルスズカ・600万)
シルクトマホーク (父シルクジャスティス・300万)
シルクユーロスター (父ミラクルアドマイヤ・500万)

上にあげたシルクHCのお馬さんは値段も安し、父親も渋いっす。しかも牡馬!

友駿こそ、こんな感じのお馬さんを募集してほしいのですが、キョウトシチー産駒
のクラウドやスピードワールド産駒のアグリでも1000万しましたし、1000万以下の
値段は無理かなあ…

関連タグ : 競馬,

脚元に疲れが残っているのでエコー検査を受けたフレンチシチー
「検査の結果、炎症などの異常は見られませんでした。」と公式HPで発表が
ありました。まずは一安心ですね

今回はクラブが迅速に事態を発表してくれたので、出資者としても非常に
ありがたく思っております。

フレンチは遅生まれの馬ですし、ここで無理して進めるより、一旦放牧もありかなと。
早期デビューはマーリン・マルセイユあたりに任せることにしましょう。

「安心 安心 一安心♪」

関連タグ : 友駿, フレンチシチー,

今年友駿所属馬は指定交流競走で9戦していますが、いまだに勝ち星が
ありません。
今日笠松で出走したレスポンスシチーも残念ながら4着に終わり、地方の
競馬場でも苦戦が続いています。

そんな苦戦続きの交流戦ですが、来週21日の園田交流戦・甲山特別に
マーシャルシチーが出走するようですね。
時期も時期だけに是非ここで初勝利を勝ち取ってほしいです。

友駿所属馬は2007年は交流戦で4勝をあげており、2003年のように9勝を
あげた年もあったのですが…
近年は地方の交流競走でも勝利をつかむのは厳しいようです。

2/13 笠松 アミーゴ 10着
3/13 大井 コンタクト 9着
3/25 大井 バラッド 13着
4/10 大井 バラッド 11着
4/15 川崎 アクトレス 6着
4/15 川崎 レスポンス 2着
5/07 船橋 バレリーナ 10着
5/13 大井 バラッド 9着
5/14 笠松 レスポンス 4着

関連タグ : 友駿,

今日更新された3歳馬近況によると、セゾンシチーは左トモの球節のあたりに
腫れがあるようです。

状況次第ではレントゲンを撮って状況を確認するということですが、最悪の
ケースもあるかもしれません。近況が新たにわかるまでは心配が続きますね。

先週の近況で少し休ませるといっていたフレンチもいまだに坂路に入っていない
ですし、心配だらけです。
本日発売の週刊ギャロップ増刊「まるごとPOG」を購入したので、
友駿関連の2歳馬を早速チェックしてみました。

まず39ページにエクセルマネジメント厚真TCの有力馬として、
マーリンが馬体写真にコメントを添えて紹介されています。
なんでも「ここにきて1、2ケ月でグンと成長してきており、今後が
楽しみ」
とか。

次に114ページに2歳馬一覧表に加えて、クラシカル・ガリレオ・
シンシア・フレンチ・マルセイユの5頭が馬体写真に簡単なコメントを
添えて紹介されています。続く115ページはクラブの広告が掲載。

他のクラブも同じ構成で2歳馬が紹介されていますから、114~115ページは
友駿が構成したんでしょう。

でも他のクラブと違う点があって、他のクラブはウイントリガーや
ロードバリオス、ドリームシグナル、レジネッタといった2005年産の
活躍馬が一緒に紹介されているのに、友駿は活躍馬としてレキシントンが
紹介されているんです…

レキシントン出資者としては雑誌に紹介されるのは嬉しいのですが、
2005年産馬で勝ちあがったチャーミングやアイオロスをどうして紹介
しないのかと思います。
これだと2005年産馬が勝ち上がっていないように思われますよ、友駿さん。

また厩舎レポートといって、東西の有力厩舎40厩舎に取材した読み物が
あるのですが、奥平雅士厩舎でレイアシチーが「見栄えのする馬体」
して紹介されていますが、田村康・佐々木晶両厩舎では特に紹介されて
いませんでした。ちょっと残念ですね。

にほんブログ村 競馬ブログへ

関連タグ : 友駿,

名古屋競馬が3年連続で黒字を計上したようですね。→(こちら)
なんでも馬券の売上額が前年比で10%も延びたとか。

とはいえ、依然約40億円の累積赤字を抱えているだけに厳しい経営が
続くことには変わりありませんが、主催者や厩舎関係者、マスコミが
一致団結して今後も頑張ってほしいです。

来年2009年は名古屋競馬開設60周年に加えて、2回目のJBC開催が
控えているだけに、もっと名古屋競馬が盛り上ってほしいですもんね。

愛知県に住む一競馬愛好者としては、馬券を買うことでしか応援は
できませんから、これからは会社帰りにサンアール大須に寄る回数を
増やすことにします(笑)

関連タグ : 競馬,

タイトルは明日3Rに出走するセゾンシチーの競馬ブック誌上での評価。
思ったよりも印は軽いですが、同誌上の予想オッズは3.2倍で1番人気の
評価です。

メンバーも軽いようですし、敵は馬場(notジャイアント)とスタートですね。
なんとかスタートを決めてほしいです。

明日はセゾンの他にもリオサンバ・ダブルダンス・ステップと軒並み有力馬が
スタンバイしています。シチー馬の応援も楽しみです!

関連タグ : 友駿, セゾンシチー,

1日に坂路入りした後、6日まで坂路に入っていなかったフレンチシチー
「何かあったんだろうな」と思っていましたが、案の定右の前脚に疲れが
出ていると発表がありました。
さらに輸送熱の影響もあってのども荒れているので、1週間ほど休養させる
とのこと。

ここまで順調に育成されてきたフレンチですが、環境の変化で弱いところが
一度に出たのでしょう。
若駒ですし、ここは無理せず一旦小休止して、疲れを取り去ってもらいたい
ですね。

『慌てない慌てない、一休み一休み♪』

関連タグ : 友駿, フレンチシチー,

レキシントンシチーの近況がアップされましたが、復帰が7月2回新潟以降と
なっていました。
もともと6月3回の阪神で復帰予定だったのが、5月31日以降の東京になり、
今回の7月2回新潟へと変更になったわけですが、これには佐々木厩舎の
都合があるように思います。

いまのところ佐々木厩舎の現役3歳馬19頭のうち、13頭が未勝利という状態です。
その中にはラフィアン4頭、友駿3頭と一口クラブの馬も何頭かいるのですが、
これからの時期は未勝利馬に馬房を割くのは当然でしょう。
またレキシントン向きの番組もあまりありませんしね。

今は後輩達に席(馬房)を譲りますから、3歳未勝利勢にはどんどん勝ち
上がってもらいたいですね。

となると、レキシントンの次走は8/3(日)の北陸S(D1200m)かなあ。

関連タグ : 友駿, レキシントンシチー,

フレンチシチーと同じ日に馬名登録された馬の中にいた1頭の3歳牝馬の
プロフィールに興味を惹かれました。

その馬の名は「コイシテムーチョ」号、馬主は「前田亘輝」氏ということは、
夏になるとよく歌声を耳にするあのバンド(TUBE)のリーダーが新たに
馬主になられたようです。

「あの馬主さんの馬は夏にしか走らない」などと今から言われないように、
コイシテムーチョには夏以外でも頑張ってもらいたいですね(笑)

もし前田さんが新しい馬を持つなら、「ベストセラーサマー」や「シーズンインザサン」も
馬名に使うのかな?

関連タグ : 競馬,

JRAのHP上でフレンチシチーが競走馬登録されていました。

入厩以来、ここまで順調に調整しているようですが、5/1に坂路に入った後、
今日まで坂路に入っていないのが少々気がかりです。
何事もなければいいのですが、こういうときに限って友駿公式HPも通常と
違って木曜にならないと更新されないんですよね…

しかし、今年のフレンチデピュティ産駒はGI2勝を含む重賞5勝と絶好調
ですから、この波にフレンチも乗ってくれるといいなあと思っています。

関連タグ : 友駿, フレンチシチー,

このブログでも「欲しいなあ」と書いていたキャロットの2歳馬、エラティスの06。

ちょくちょくホームページをチェックしていて、まだ残口があることを確認して
いたのですが、5月に入ってすぐ満口になっていました…

なんでも早期入厩がアナウンスされたことで、駆込み出資が多数あったようですね。
さらに兄アルナスラインがメトロポリタンSを圧勝したことも後押ししたようです。

ここまで人気がなかったので、友駿のようにギリギリまで待って、順調なら買えばいいの
かなと思っていたのですが、キャロットの会員さんの瞬発力・爆発力は凄いです!
のんきな友駿会員では太刀打ちできませんでした(;´Д`)

関連タグ : 競馬,

友駿会員の総本山、がんばれシチー軍団HPレキシントンシチーが加藤ステーブルで
行っている調教内容が公開されています。(ブルーのバンテージが似合ってます。)

「中段からでも競馬ができるように精神面を強化してほしい」という目的で調教を
されているわけですが、なかなか内容がおもしろいです。

10頭あまりの2歳馬と一緒に角馬場内を一定の間隔で周回。
 ↓
角馬場内の置き障害の上を歩く。
 ↓
別方向から置き障害に進入して歩く。
 ↓
左回りで走る10頭あまりの2歳馬の内側を右回りで歩く。
(自分が格上であることを教え込まれ、他馬と目が合っても大丈夫な精神力を
身につけたとか)
 ↓
800mの坂路で2本の追い切り。


「虎の穴」ならぬ「馬の穴」加藤ステーブルで心身ともに強化されたレキシントンに注目!

関連タグ : 友駿, レキシントンシチー,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。