リアファルのローテは金鯱賞→金鯱賞→大阪杯希望!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うちのキャロット初号機、オーソードレッシイ'07もようやく坂路調教を
始めました
調教が少し進んだせいか、馬体がスッキリして見えますね。

「欲を言えばもう少々精神面での成長が欲しい」と言われていますが、
それ以外は「至極順調」のようで何よりです。

とにかく無事に調教が進みますように。

にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーサイト

 オリビエ・ペリエ(Olivier Peslier)騎手に対し、免許期間「1月31日(土)~
 2月28日(土)」の短期騎手免許を交付しますので、お知らせいたします。

ついに日本に帰ってキタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!
小倉大賞典に乗るとか言わないで、すばるSでレキシントンに乗ってください!

にほんブログ村 競馬ブログへ

関連タグ : 友駿, レキシントンシチー,

キャプテンの引退が公式HPで発表されました。
3戦目の未勝利戦で奇跡の激走を見せて勝ち上がったあと、
1年半、12戦に渡って楽しませてくれました。

普通なら500万下での数戦で見切られていたところでしょうが、
平井厩舎への転厩や障害入りと、クラブ側もあれこれと手を
尽くしてくれたように思います。
その点ではクラブや佐々木・平井の両厩舎スタッフの皆さんには
面倒もかけたでしょうし、出資者としてはありがたく思っています。

単勝万馬券や愛馬の障害入りと、一口をやっていて初めての
経験をさせてくれた馬でした。

大きな故障もなく、小さい体でよく頑張ってくれました。
お疲れ様、キャプテン。

<2月12日追記>
キャプテンシチーは2月11日付けで競走馬登録を抹消されました。

にほんブログ村 競馬ブログへ

関連タグ : 友駿, キャプテンシチー,

発表された根岸Sの登録馬は驚きの55頭
(昨年の同レースは44頭、一昨年は31頭の登録でした。)
某所の情報によると、レキシントンは登録馬中の48番目となって
いました。これだとまず出走できません。

競走馬のクラス編成を一回勝ち抜け制にした弊害がここにも出て
いるようです。
一ヶ月に20頭近くの古馬OP馬が誕生しているんですから、一番上の
OPクラスにも馬が溜まって、出馬ラッシュになるのは当然です。

確実に除外されるので優先出走権はもらえるのですが、そうなると
去年と同じすばるSに出走でしょうか。

1月25日栗坂 脚色馬也
68.5-49.8-32.0-15.0 順調C (ぼく馬)

にほんブログ村 競馬ブログへ

関連タグ : 友駿, レキシントンシチー,

重賞2着のエスポワールと比べるとレベルの低い話で恥ずかしいのですが、
キャプテンが障害2戦目で見事完走を果たしました。
完走といっても1着からは10秒2差の12着なんですけどね(笑)

調子が良くない状態で出走ですから、次はもう少しやれるでしょうし、しばらく
障害で足腰とスタミナを鍛えて平場に戻れば、500万でもやれるはずです。

なんとか8着以内に入って、キャプテンを拾ってくれた平井先生や厩舎の
皆さんに恩返しできると良いのですが。

にほんブログ村 競馬ブログへ

関連タグ : 友駿, キャプテンシチー,

寒い中京その4

スカーレットを引いている佐々木先生の右腕をご注目ください。
透明ビニールのカバーが巻かれているのですが、これっていったい何
お分かりになる方、教えてください(笑)

関連タグ : 友駿, 競馬,

「寒風吹きすさぶ」という表現がピッタリの中京競馬場に行ってきました
目的は4Rに出走したスカーレットシチーを応援するためです。
かっこいい写真はスナフキンさんのところ(こちら)でアップされると思いますので、
雰囲気だけでもどうぞ。

<1枚目> 今日も二人引きでしたが、引いている二人ともニコニコ。
寒い中京その1

<2枚目> 「今日はやってやるわよ!」といった感じでしょうか。
寒い中京その2

<3枚目> 佐々木先生と安部騎手のニコニコ作戦会議?
寒い中京その3

スカーレットは一番最後にパドックに入ってきて、二人引きで周回していました。
その後で安部騎手がパドックに入ったとき、スカーレットと反対のほうへ行ったので、
佐々木先生が「安部!安部!」と呼ぶ場面がありました。

この後のレースは着順こそ8着でしたが、前が残る展開だったので、
仕方ない面があったのかなと。
スカーレット自身は速い時計で上がっていますから。

今度は暖かくなった2回中京でスカーレットに会いたいですね。
とにかく今日は寒かったので(苦笑)


にほんブログ村 競馬ブログへ

関連タグ : 友駿, 一口馬主,

キャプテンは想定どおり日曜京都の障害未勝利に出走となりました。
予想外だったのは鞍上が調教をつけていた浜野谷騎手ではなく、
山本康志騎手になっていたことでしょうか。
浜野谷騎手は自厩舎のパープルコランダムに騎乗するので、これは
仕方ないですね。
しかし山本騎手もキャリア十分の騎手なので、キャプテンを上手く
導いてくれるでしょう。

まずは完走、できれば8着以内が目標と行きましょうか(笑)
キャプテンよ、山本騎手の言うことをしっかり聞くんだよ!

にほんブログ村 競馬ブログへ
キャプテンシチー
1月21日北C良 浜野谷 脚色馬也
59.2-42.7-13.8 位置7気配平凡C (ぼく馬)


浜野谷騎手が連日稽古を付けてくれています。
平井厩舎の障害部門のエースジョッキー、浜野谷騎手への
乗り代わりが予想され、テンションもグッと上がってきました

公式のホームページでは「1月31日以降の東京競馬」と予定が
出ていましたが、昨日来たぼく馬メールでは日曜京都の障害
未勝利に想定されていました。
他馬の登録次第では京都での出走があるかもしれません。

さすが平井先生、障害馬でもどんどん使ってきますね~

にほんブログ村 競馬ブログへ
ハットリくん

フレンチシチーの近況には毎回のように「腱(ケン)」という言葉が出てきます。
ここまで「ケン」という言葉を使うのは、「忍者ハットリくん」に登場するケムマキくん
(声:肝月兼太氏)くらいしかいないように思います。
(「ケンケンケンケーン!」というやつね)

もうこうなったら「ケムマキシチー」にでも改名しますか
(少しやけ気味で)


にほんブログ村 競馬ブログへ
去年の戦果

週刊ギャロップや月刊優駿を購入しては、クオカードやテレホンカードの
プレゼントに応募するのが楽しみの一つなのですが、去年の戦果は
上の3枚でした
(上段左ダイワルージュ@新潟3歳S、上段右トールポピー@阪神JF、
下段左「月刊優駿」)

キャロットの馬のカードが当たったのも、振り返ると何かの縁でしょうか。

にほんブログ村 競馬ブログへ

関連タグ : 競馬,

昨日の記事を書いたあとすぐに床に就き、目が覚めたらパイオニアシチーが
馬っ気を出してパドックを歩いていました。

疲れと体調不良、そしてレキシントン惨敗のショックで十数時間も寝て
しまったようです(笑)

寝すぎてしまいましたが、しっかり睡眠も取れ、レキシントンも故障ではない
ことが判明したので、体調もバッチリ戻りました
(太陽の天才児さん、情報ありがとうございます!)

にほんブログ村 競馬ブログへ

関連タグ : 友駿, レキシントンシチー,

今日の中山11R、ジャニュアリーSに出走したレキシントンシチー
16頭立ての16着となりました
いや~、全然動けていなかったですね。

まだ仕上がっていなかったようですし、立て直した次走は芝スタートでは
ないコースで。

にほんブログ村 競馬ブログへ

関連タグ : 友駿, レキシントンシチー,

レキシントンシチー
1月14日DW重 佐藤哲 脚色一杯
85.5-70.5-56.1-41.9-13.2 位置9実戦向きC (ぼく馬)


いくら調教走らないからって、「実戦向き」なんて短評とは 


キャプテンシチー
1月14日北C良 浜野谷 脚色馬也
71.1-55.1-40.5-12.9 位置6目立たずC (ぼく馬)


浜野谷騎手が調教付けてくれています。
これはこれでちょっと楽しみが出てきたぞ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

回ってる
ウイナ

上の写真はレキシントンの初勝利時の様子です。(2006年10月1日)
天気が悪くて、肌寒い日だったことを覚えています。

しかし誰の顔も写っていないヒドイ写真ですね、これ(苦笑)


にほんブログ村 競馬ブログへ
ジャニュアリーS登録馬のハンデが発表され、レキシントンのハンデは
55kgとなりました。
ハンデ発表前の出走馬決定順は26頭中の11位でしたから、12位以降の
馬が3頭ハンデで繰り上がったとしても、決定順は14位となるので、これで
出走は可能となりました。

登録馬を見るかぎり、特に飛びぬけた馬もいないようですから、枠順や展開、
馬場状態が大きく着順を左右しそうですね。

にほんブログ村 競馬ブログへ
申込状況・・・ヒラリーは残口僅かとなっております。(1月9日現在)
申込状況・・・ケネディ、ニクソン、カーター、ペイリンは残口僅かとなっております。(1月9日現在)

半分近くの馬に「残口僅か」の表示が出ており、結構お馬さんが売れています。
ヒラリー&ペイリンのリンカーン産駒2頭は予想通りでしたが、今回のセールの最高額馬、
佐々木先生のロック様まで残口僅かとは(驚)

2007年産馬よりも全体的に価格を抑え、オバマさんをおまけにつけたことが好感を
持たれたのでしょうか。

にほんブログ村 競馬ブログへ

関連タグ : 友駿, 競馬,

パチンコ屋に行く途中で立ち寄ったスーパーに献血車が止まっていたので、
3年ぶり25回目の献血をしてきました
調べてみたら前回はゼンノロブロイが有馬記念を勝った翌日でしたから、
今年の夏にはロブロイ産駒がデビューすることを考えると、ずいぶんと献血を
さぼっていたように思います。

にほんブログ村 競馬ブログへ
見開き

私は愛馬ごとにファイルをつくって、上の写真のように資料を整理しています
(写真はレキシントンが初夢S出走時のものです)
クリアファイルの見開きの左頁に写真左半分のように出馬表の切り抜きを入れ、
右頁にはA4の紙に新聞記事や馬券、レース結果を貼り付けたものを入れています。
こうすると見開きでレース前後の情報を見ることができるようになっていて、使わない
一番最初の頁には愛馬の引退時にnetkeiba等で戦績をプリントアウトして入れています。
あと募集時の写真や出資証も一番最初の頁に入れてます。

勝ったレースはともかく、ほとんどは出馬表とレース結果のみで寂しいのですが、愛馬が
出走した後の月曜日はこの作業が日課となっています。

皆さんはどのように資料を整理されているのでしょうか?
こんな面倒くさいことはしていないかもしれませんが(笑)


にほんブログ村 競馬ブログへ

関連タグ : 競馬, 一口馬主,

レキシントンシチー メンタル調教の成果!精神面で逞しくなって復帰戦を好走

加藤グループ 本年の休養調整馬レキシントンシチー
(父クロフネ 母ラッキーパートナー 牡 5才 栗東:佐々木晶三厩舎)が、
9月6日の新潟メイン BSN賞(3才上オープン ダ1200㍍で、約7ヶ月ぶりの
復帰を果たし、オープンの強豪馬を相手に、勝ち馬から0.5 秒差の4着に健闘
いたしました。レースでは、スタート普通に出るも、出たなりで後方から。
道中はそのまま後方を追走、4角から仕掛け、直線で外へ持ち出すと、目の
覚める豪脚を繰り出し(終い3ハロン35秒4はメンバー中最速!!)、勝ち馬に迫りました。
勝つことはできませんでしたが、当レースを見ていた当場のスタッフ達は大喜び。
なぜなら・・・本馬が当場に入厩したのは、まだ寒風が吹きすさぶ本年の2月。
佐々木調教師より、「レースで、逃げるなど、自分の形に嵌った際は、とても
強い競馬をするが、馬群で揉まれた際にもろい面が見られる」との、本馬への
課題をいただき、以降6ヶ月間は、通常のフィジカル面の強化と併行して、
メンタル面での強化にも励みました。
当場専属のホースクリニシャンと、本馬の調教時の挙動を逐一チェックしながら、
本馬が、なぜ馬込みに揉まれると能力を発揮できないのかを探る毎日・・・。
連日、本馬にはメンタル強化のための、特別の運動プログラムを企画し、試みて
まいりました。
その甲斐もあってか、今回のレースでは、後方から、砂を被りながらも、逞しく馬群を
縫いながら突き進む本馬の姿を見ることができ、本馬のメンタル面の着実な強化が
実感できました。
レースぶりに幅が出た本馬の、今後更なる活躍を、一同で応援しています。



武者修行でお世話になった加藤ステーブルのHPにレキシントンの記事が
ありました。加藤ステーブルの方も応援してるぞ、レキシントン!

にほんブログ村 競馬ブログへ
レキシントンシチー
1月8日栗坂良 助手 脚色一杯
不明-42.0-28.0-14.5 位置1完調手前C
外スペースフライト(5歳1000万)G強と併せで0秒7遅れ (ぼく馬)

例によってまた豪快に遅れておりますな。
調教はともかく、除外1回で確実に出走できるかが問題。

にほんブログ村 競馬ブログへ
エクセルマネジメント(北海道)
 ↓
栗東トレセン(滋賀県)
 ↓
グリーンファーム(滋賀県)
 ↓
栗東トレセン(滋賀県) 
 ↓
小松トレセン(石川県)
 ↓
宮崎ステーブル(宮崎県)


♪さすらおう この世界日本中を~

って、これでは春先までトレセンに戻ってこないだろうなあ

にほんブログ村 競馬ブログへ

関連タグ : 友駿, フレンチシチー,

リンカーン大統領
今回の新春セールは東のヒラリーI、西のペイリンIの2頭の
リンカーン産駒が人気のようです。
父親と値段(1000万円)は同じなので、どちらかを選択する時の材料に
なるのは以下の点でしょうか。

①母親
東:フラッパーシチー(28戦3勝)…勝ち鞍は全て東京。ダート1400mで2勝。
                     ダート1300mで1勝。
                     祖母に短距離で6勝したピアロッチ。                    
西:シャンゼリゼシチー(33戦1勝)…勝ったのは未勝利のみだが、500万で連対あり。
                     半兄にサンフォード・コルディアのOP馬2頭。

ヒラリーIは短距離志向が強そうですね。
ペイリンIは芝ダ兼用の中距離馬になるのかな?

②厩舎
東:上原博之
 08年-22勝(芝14勝・ダ5勝・障3勝)、重賞2勝(オーシャンS・セントライト記念)
 07年-23勝(芝17勝・ダ5勝・障1勝)、重賞2勝(安田記念・マイルCS)
 06年-18勝(芝17勝・ダ1勝・障0勝)、重賞4勝(天皇賞(秋)・マイルCS等)
西:安達昭夫
 08年-20勝(芝7勝・ダ12勝・障1勝)、重賞3勝(JBCスプリント、東海S等)
 07年-16勝(芝6勝・ダ8勝・障2勝)、重賞0勝
 06年-20勝(芝7勝・ダ12勝・障1勝)、重賞1勝(フローラS)

上原先生と安達先生では芝とダートの勝ち鞍が逆になっています。
ヒラリーIが芝馬で、ペイリンIがダート馬ならジャストフィット。

③馬体
ここは不得意分野なので省略しますが、ヒラリーIは胴が詰まった感じが。


実際の人気はヒラリーIのほうがありそうですが、2頭とも最終的には結構
売れそうな気がします。800万円なら即満口だったでしょうね。

にほんブログ村 競馬ブログへ

関連タグ : 友駿, 一口馬主,

レキシントンシチー
1月5日DW良 助手 脚色馬也
68.3-53.4-41.3-13.7 位置8順調C
外マーリンシチー馬也と5F併せで0秒2遅れ (ぼく馬)


相変わらず後輩の良い調教パートナーのようで(笑)
マーリンのためになっていればよいのですが…

キャプテンシチー
1月2日南D良 助手 脚色馬也
86.0-69.6-54.4-40.9-14.2 位置7順調C (ぼく馬)


こちらも相変わらずのようで何より。

にほんブログ村 競馬ブログへ
日々進化を続ける一口馬主DBのMy馬ページに、「出資成績診断」という
コーナーがあったので、早速診断を受けてみました。
(評価は良い順に3A・2A・1A・3B・2B・1B・3C・2C・1Cの9段階です)

一口馬主DB 出資成績診断 (2009/1/5現在)
総合評価:1B
--------------------------
1.勝ち上がり評価:3B (勝ち上がり率57.1%)
2.勝率評価:3B (勝率13.6%)
3.投資評価:1B (控除前出資回収率:56.6%)
4.出走率評価:1B (平均出走回数:8.4回)
5.マイルストーン評価:2C (達成数:1/9)
==========================


うちは頭数が少ないですし、診断は順当だと思いますが、マイルストーン
評価が低いのがちと残念。
マイルストーンの評価は以下の9つとなっているのですが、うちの頭数&
相馬眼ではなかなか達成は難しそうですね(笑)

1.ダービー制覇 (そもそも望んでいません)
2.GI制覇 (競馬の神様に選ばれないとなあ)
3.GII制覇 (その前に重賞に出走しないとね)
4.GIII制覇 (個人的にはここが最終目標)
5.クラシック出走 (多分縁がなさそう)
6.億獲得 (レキシントン次第で達成)
7.GI出走 (まずは重賞を勝たないと)
8.重賞出走 (達成!)
9.デビュー勝ち (これはどっちでもいいや)


にほんブログ村 競馬ブログへ

関連タグ : 競馬, 一口馬主,

新春セールの募集馬、メアリーIの父は1999年のアメリカ2冠馬
カリズマティックですが、このカリズマティックの2007年種付頭数は
わずか14頭。
2003年は98頭に種付けしていますから、アメリカ2冠馬といっても、
活躍馬に恵まれないと頭数も減ってしまうんですね

でも、このメアリー嬢は母の父サンデー、斎藤先生、値段も
手頃と良い点もありますし、レアもの・限定ものがお好きな方には
お勧めかも(笑)

にほんブログ村 競馬ブログへ

関連タグ : 競馬,

昨年行われたJRAのレースのうち、ダート短距離(1000~1300m)の
種牡馬別勝利数ベスト10は以下のとおりです。(対象は520レース)

短距離界の帝王サクラバクシンオーに立ち向かうのは、2~4位・
7位の49er連合といった感じでしょうか。12位にはトワイニングもいますし。
コロナドズクエストが早世し、フォーティナイナーが種牡馬を引退して
いるので、若干勢いが弱まるかもしれませんが、今後もダート短距離界に
おける49er連合の動向には注目ですね。
(ユートピアが日本にいればエース格だったのになあ…)

01位 30勝 サクラバクシンオー
02位 20勝 コロナドズクエスト
03位 18勝 サウスヴィグラス
04位 17勝 フォーティナイナー
05位 16勝 アフリート
05位 16勝 クロフネ
07位 14勝 スウェプトオーヴァーボード
07位 14勝 ボストンハーバー
07位 14勝 ブライアンズタイム
10位 13勝 フレンチデピュティ

おまけですが、下は芝短距離(1000~1200m)の種牡馬別勝利数
ベスト10です。(対象は434レース)

01位 49勝 サクラバクシンオー
02位 19勝 タイキシャトル
03位 17勝 フジキセキ
04位 15勝 アグネスタキオン
05位 13勝 マイネルラヴ
05位 13勝 スウェプトオーヴァーボード
07位 12勝 キングヘイロー
08位 09勝 アドマイヤベガ
08位 09勝 クロフネ
10位 08勝 ダンスインザダーク

ここまでくるとバクシンオーは短距離界の帝王というより、魔王ですな(笑)

にほんブログ村 競馬ブログへ

関連タグ : 競馬,

レキシントン 0~1勝 (OP入りできるかどうかが鍵)
キャプテン  0~1勝 (短距離1本で使っていければもしかして…)
セゾン     1~2勝 (1つは大丈夫でしょう)
アイダホI   0~1勝 (2歳デビューはないと思いますが)
ずばり来年は2勝と予想!


↑が2008年の予想だったわけですが、ずばり勝ち星をあてています
同様に2009年も予想してみます。

レキシントン 0~1勝 (ダ1200mなら壁は無い!)
キャプテン  0~1勝 (障害は怖いので、平地に戻してくれれば)
セゾン    0~1勝 (500万なら大丈夫)
フレンチ   0~1勝 (デビューできるだろうか…)
ダブリンII  0~1勝 (このまま無事なら)
オーソー07' 0~1勝 (4回中京で待ってるよ~)
ずばり今年も2勝かな(笑)


にほんブログ村 競馬ブログへ

関連タグ : 一口馬主, 競馬,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。