リアファルのローテは金鯱賞→金鯱賞→大阪杯希望!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最後はバノックバーンです。

バノックバーン(牡2・NF空港)
900m屋内坂路コースを毎日ハロン15~16秒で2本登坂。

「コピペ乙。」といった感じの調教内容ですね(笑)
それはさておき、馬体写真を見ると、先月よりも毛ヅヤが
良くなっているように思います。
これでもう少し体が絞れればお呼びがかかるのかな

にほんブログ村 競馬ブログへ
続いてはカテンゲッチです。

カテンゲッチ(牡2・NF空港)
400m周回コースを軽めのキャンターで4周した後、
900m屋内坂路コースを毎日ハロン16~17秒で1本登坂。


相変わらず元気一杯なのはいいことですね
やんちゃな面が出てきているので、今後は体力面より気性面に
注意して調整が進みそうです。

そして、報知のPOGブログにカテンゲッチの父、スズカマンボを
管理していた橋田先生のコメントがありました。
「スズカマンボの子は丈夫で順調に調整が進められるみたい」
というものですが、この特徴はカテンゲッチにもあてはまるようですね。

「現場発!POGブログ」
http://weblog.hochi.co.jp/pog/2010/06/post-9df1.html

にほんブログ村 競馬ブログへ
今日は楽しみにしていた2歳馬の更新がありました
それでは1頭ずつみていきましょう。

ウエリントンシチー(牡2・日進牧場)
「先週厩舎に入れようと思ったが、担当者の都合で若干
入厩が延びそうです。」(佐々木師)


残念ですが、少し入厩が延びるとのこと。
仕方がないといえば仕方がない事情ですが、もしこれが
タ゛ノンス八゜シー八゛がらみだったら本気で怒りますよ(苦笑)

にほんブログ村 競馬ブログへ
以前「ワールドカップ出場国を競走馬に」という記事を書きました。(↓)
http://ponpokocity.blog110.fc2.com/blog-entry-1144.html

この記事によれば、日本(モンテクリスエス)が今日対戦するのは、
パラグアイ(ヴァーミリアン)ですね。

ダートならともかく、芝ならモンテ日本もチャンスがあるのでは
ないでしょうか。サッカーは芝コース(?)ですもんね(笑)

冗談はさておき、とにかくがんばれ日本!

<6月30日追記>
いや~、日本代表は惜しかったですね。
あそこまで行ったら勝って欲しかったですが、それは4年後の
お楽しみということで。

にほんブログ村 競馬ブログへ
JRAのホームページをチェックしたところ、エターナルシチーの帰厩が
確認できました

いよいよ決戦の地、函館競馬場に入厩したようですね。
前走(2着)の3着馬も勝ち上がっていますし、エターナルさえ順調なら
そろそろ順番が回ってくるでしょう。

来月の復帰戦を楽しみに待ちたいと思いますが、鞍上が幸四郎先生に
なりそうなのがちょっぴり不安かな(笑)

<6月30日追記>
6月30日函W稍 助手 脚色一杯
69.0-53.1-39.8-12.8 位置4 反応平凡C (ぼく馬)


無事に移動して時計を出しましたね。この調子で。

にほんブログ村 競馬ブログへ
レキシントンシチーは大沼S(7/3・函館D1700m)に登録してきました。
登録状況を見ると、次走優先権1枚でも出走できるようですね。

平坦のダート中距離は今のレキシントンに合っているように思います。
もちろん現状を見る限り大きな期待はできませんが、何かきっかけを
つかんでもらいたいですね。

<6月30日追記>
6月30日函W稍 大野 脚色馬也
73.7-58.0-42.9-14.4 位置5 前走並みC (ぼく馬)


鞍上が気になっていましたが、大野騎手になりそうですね。

にほんブログ村 競馬ブログへ
今日の更新で「ウエリントンシチーをトレセンに入れて状態を確認
する」と発表がありました

私が出資している08年産3頭では一番早い入厩となりますね。
キャロットの馬より先に入厩するとはちょっと意外でしたが、まずは
無事にトレセンまでの輸送をクリアしてもらいたいです。

別件ですが、この時期に「屈腱炎」の文字が出てくるヒューストンは
デンジャラスすぎですね… (私は持っていないのですが)

にほんブログ村 競馬ブログへ
エターナルシチーの次走は来月17日の函館、しかも芝2600mと発表が
ありました

2000mだと切れ負けしそうな脚質なので、今後は2000m以上の距離を
使ってほしいと思っていたところでした。これは嬉しいなあ。

今の未勝利戦なら、中央場所で2着2回の実績があるエターナルは
力上位のはず。次走できっちり決めてほしいですね。

にほんブログ村 競馬ブログへ
今日の阪神4R、2歳新馬戦でキャロットのアヴェンチュラが優勝
しました。出資者の皆様、おめでとうございます。

去年の募集馬ツアーでも常に人だかりがしていましたし、最終
口数でも1100口を越えた馬だけのことはあります。
それに何といっても一口12.5万円と値段がいいですもんね(笑)

でも、ここでもう勝っちゃうと次走は秋になるのかな。

にほんブログ村 競馬ブログへ
今日の福島5R、2歳新馬戦をスズカマンボ産駒のマルタカシクレノンが
勝った10分後、函館4Rの2歳戦をスニッツェル産駒のルリニガナが勝ち
ました。

それぞれ新種牡馬として産駒のJRA初勝利を達成したことになり、初日
から素晴らしい結果となりました。
これは種牡馬としての宣伝効果も抜群でしょうね。

また、デビューを控えたスズカマンボ産駒(カテンゲッチ)とスニッツェル
産駒(バノックバーン)の一口を持っている立場としては、この新馬勝ちの
ニュースを非常に心強く感じました

これでNF空港で調教中のカテンゲッチバノックバーンがいつ脱北するのか、
ますます楽しみになりました(笑)

にほんブログ村 競馬ブログへ

最後はバノックバーンです。

バノックバーン(牡2・NF空港)
900m屋内坂路コースを毎日ハロン15~16秒で2本登坂。
馬体重470キロ。


2ヵ月同じ内容で調教をしていますね(笑)
「毛ヅヤがよくなってきた」ということですから、ようやく内臓面も
完成に近づきつつあるのでしょうか。
秋まで時間はありますから、じっくりと行きましょう。

にほんブログ村 競馬ブログへ
続いてカテンゲッチ

カテンゲッチ(牡2・NF空港)
900m屋内坂路コースをハロン15~16秒で毎日1本登坂。
週2回は登坂本数を2本に。週3回は1000m周回ダートコースでも
調教。馬体重474キロ。


前回更新よりも調教量が増えているので、体調面で問題がない
ことがわかりますね

でも下のスポーツ報知の記事の中にカテンゲッチの名前がないのは
ちょっと残念。POG向きじゃないのかも。

「現場発!POGブログ」
http://weblog.hochi.co.jp/pog/2010/06/post-75ea.html

にほんブログ村 競馬ブログへ
2歳馬3頭の近況が更新されていたので、順番に。

ウエリントンシチー(牡2・日進牧場)
「馬体はしっかりしてきたが、トモの使い方が一息で
入厩にはまだ早い」(佐々木師)


オバマ・プレザント・ドラマチックと佐々木厩舎所属のシチー馬
3頭が勝ち上がっていないので、まだまだ出番はなさそうです。
オバマにいたってはデビューすらしていませんからね。

にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬ならわかるけど、サッカーはよくわからない」という方のために、
ワールドカップ出場32カ国を競走馬に置き換えてみました。
(私もサッカーはよくわからないのですが)
本来なら合同フリーハンデ等を使ったほうがよいのですが、置き換えが
面倒くさいので、
「昨年の有馬記念ファン投票の順位=最新のFIFAランキングの順位」
としておきます。
(例:ファン投票1位のウォッカ=FIFAランキング1位のブラジル)

32カ国を置き換えた結果は以下のとおりです。

<グループA>
アイアムカミノマゴ (南アフリカ・83位)
カンパニー (メキシコ・17位)
エアシェイディ (ウルグアイ・16位)
リーチザクラウン (フランス・9位)

<グループB>
ヤマニンキングリー (韓国・47位)
オウケンブルースリ (アルゼンチン・7位)
シンゲン (ナイジェリア・21位)
セイウンワンダー (ギリシャ・13位)

<グループC>
ミヤビランベリ (スロベニア・25位)
レッドディザイア (イングランド・8位)
マイネルキッツ (アメリカ・14位)
ローレルゲレイロ (アルジェリア・30位)

<グループD>
スクリーンヒーロー (ドイツ・6位)
スマイルジャック (ガーナ・32位)
サクラメガワンダー (セルビア・15位)
アルナスライン (オーストラリア・20位)

<グループE>
ドリームジャーニー (オランダ・4位)
モンテクリスエス (日本・45位)
キャプテントゥーレ (カメルーン・19位)
スマートギア (デンマーク・36位)

<グループF>
マツリダゴッホ (イタリア・5位)
ヴァーミリアン (パラグアイ・31位)
シャドウゲイト (ニュージーランド・78位)
ポップロック (スロバキア・34位)

<グループG>
ウォッカ (ブラジル・1位)
サクラオリオン (北朝鮮・105位) ※ファン投票100位
アドマイヤフジ (コートジボワール・27位)
ロジユニヴァース (ポルトガル・3位)

<グループH>
ブエナビスタ (スペイン・2位)
エイシンデピュティ (スイス・24位)
インティライミ (ホンジュラス・38位)
スリーロールス (チリ・18位)


昨晩の試合は45位のモンテクリスエス(日本)が、19位のキャプテントゥーレ
(カメルーン)に勝ったということになるでしょうか。
G1馬を負かしたんだから、モンテ(日本)も立派なものです。
残りの2試合もドリームジャーニーとスマートギアが相手なら、スマートギアには
勝てるような気がしますよね。スマートギアは勝ちきれませんし(笑)

有馬記念ファン投票 最終結果
http://www.jra.go.jp/news/200912/121003.html
FIFAランキング
http://www.sanspo.com/soccer/international/fifa-ranking.html

にほんブログ村 競馬ブログへ
ルクソールの引退や、エターナルのアレ等で一口への気持ちが若干
冷めているのですが、まあこれは一時的なものだと思います。

キャロットの募集馬が発表されれば、気持ちも上向きになると
思うので、今から楽しみにしておきます

09年産では牝馬を狙ってみようかなと思っていますが果たしてどんな
顔ぶれになるのでしょうか。
どうせならバクシンオー牝馬、カモン!

にほんブログ村 競馬ブログへ
レキシントンシチーはバーデンバーデンC(6/20・福島1200m)に
登録してきました。
このレースは登録頭数が多いため、おそらく出走はかなわない
でしょう。

しかし、陣営に適条件のレースにどんどん使おうとする意思が
見えるので、一口持っている身としてはありがたいですね。

にほんブログ村 競馬ブログへ
キャロットの地方募集馬第一期生、リリカルストーリーが今日の
門別競馬第6レースで優勝しました

出資者の皆さん、おめでとうございます。
認定競走を勝ったので、可能性も広がりましたね。

そして、「これで今年の地方募集馬も売りやすくなったぞ」と
クラブの営業さんは思っているでしょうね(笑)

にほんブログ村 競馬ブログへ
エターナルシチーの復帰予定が6月の阪神から7月の阪神に変更されて
いました。少し復帰が遅れるようですね。
残り時間も少なくなってきているので、ここからはノンストップで
勝ち上がりを目指してほしいです。

去年のフレンチシチーのように、夏の新潟や小倉開催まで未勝利だと、
限りなく赤信号に近い黄信号が灯った気がするのは私だけでしょうか。
(フレンチは騎手にも一因があったでしょうけど…)

にほんブログ村 競馬ブログへ
レキシントンの次走予定が公式に出ていたので一安心。
平井先生には感謝感謝であります。

元気なうちはまだまだレキシントンを走らせてほしいですね。

にほんブログ村 競馬ブログへ
募集馬ツアーの案内が我が家にも届きました。
行程こそ昨年と同様ですが、宿泊地が「千歳・札幌」から「千歳・
苫小牧」に変更となっており、代金も微妙にアップしています。

2日目の朝に札幌から移動するのが嫌われたか、札幌のホテルを
おさえるのを失敗したのかはわかりませんが、夜のススキノを
楽しみにしていた人には、残念な宿泊地の変更ですね(笑)

今年もツアーを楽しみにしていましたが、参加できないのが残念

にほんブログ村 競馬ブログへ


天王山Sに出走したレキシントンシチーは11着となりました。
着順はさておき、ここ数戦のレースに比べるとしっかり走れていたと
思います。(この動画の1分30秒過ぎでリズムを崩していますね)
このまま詰めて使えると調子も多少上向いてくるのではないでしょうか。

平井先生にお願いしたいのは、平地でも障害でも地方交流でもいいので
とにかく重賞に出走させてほしいなと。
せっかくオープン馬になったのですから。

にほんブログ村 競馬ブログへ
明日の天王山ステークスに出走するレキシントンシチーについての
コメントです。もう26戦目になるんですね。

 除外続きで間隔は空きましたが調子は悪くありません。しかし相手は
 強く実戦での粘りに期待します。 状態はBです。(友駿公式)

 ◎厩舎ひとこと
 ケイコが良く、出来には太鼓判が押せるが、前走を見るとスピード不足は
 否めないので…。<平井師・△>(デイリー馬三郎)

平井先生も非常に弱気ですね(;´Д`)
まあ仕方ないと思いますけど。

鞍上は名古屋の安部騎手、コースはオールダートと2年前なら頭まで
狙えるレースなのですが…
安部騎手に気合を入れてもらって、何とか一桁着順を目指して欲しい
ですね。がんばれ、レキシントン!

にほんブログ村 競馬ブログへ
ここ数年のPOGブームは目をみはるものがあります。
私自身はあまりPOGには興味がないのですが、それでも2度仲間内の
POGに参加したことがあります。
(2004-05シーズンと2005-06シーズンの2度です)

その時は10頭持ち・重複可・菊花賞終了まで・地方(海外)成績含むと
いうルールでした。
1度目は10頭全てシチー馬で登録したので、「ふざけるな!」と怒られ
たりもしました。こっちは大真面目だったんですけどね。
一応半分以上勝ち上がりましたし。

2度目も意地になって、アリババやレキシントンといった愛馬を入れて
登録したところ、一応2頭とも勝ち上がってくれました。
また、アルーリングアクト(小倉2歳S・ファンタジーS)を持っていたので
阪神JFの前までは余裕のトップだったんですよね。
結局重賞を取ったのはこの1頭だけでした。

今参加するなら、UMAJINの地獄モードみたいな縛りがあるものに挑戦
してみたいですね。

にほんブログ村 競馬ブログへ
続いてバノックバーンです。

バノックバーン(牡2・NF空港)
900m屋内坂路コースを毎日ハロン15~16秒で2本登坂。

調教内容は前回と同じですが、更新の度に新しい箇所を
褒めてもらえますね。
今回は「素晴らしい勝負根性を持っている」とのこと。
何だかダビスタみたいですね。

馬体の写真は冬毛が残っていて、クマさん状態ですけどね(笑)

にほんブログ村 競馬ブログへ
昨日はキャロット2歳馬の更新がありました。
それではまずカテンゲッチから見ていきます。

カテンゲッチ(牡2・NF空港)
900m屋内坂路コースをハロン15~16秒で毎日1本登坂。
週2回は登坂本数を2本に。


前回更新からペースを上げて、ハロン15秒で乗れるように
なりましたね。このまま無事に。
兄貴がセン馬ですから、どうしても気性面の危惧はありますよね

にほんブログ村 競馬ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。