リアファルのローテは金鯱賞→金鯱賞→大阪杯希望!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(前回の続き)
相次ぐ試練、敵の攻撃についに倒れてしまうリアファル&ルメール騎手。
再び立ち上がろうとするところに流れてきたのは・・・


歌手生活54年、紅白歌合戦出場50回を誇る演歌の大御所、北島三郎さんの
「まつり」でした!!!
北島さんの馬主生活52年分の執念が込められた「まつり」のリズムに乗って、
キタサンブラックが内からリアファルを抜き去っていきました。
やはりヒーローには主題歌が必要なんですね。キタサンブラックには主題歌が
ありました(笑)
(完)



京都11R 菊花賞 芝3000m リアファル 3着/1人
やはりG1。最高峰の場所ではスムーズな競馬ができないと負けてしまいます。
レース前からテンションが高かったうえに、スタート直後にスピリッツミノルにこすられ、
向こう正面で出入りが激しくなったときにもろに巻き込まれたことが最後へ来て影響
してしまいました。
1番人気に応えられなかったのは残念でしたが、無事ならまたチャンスはあるはず。
今はしっかり疲れを取って、来年の闘いに備えてほしいですね。

にほんブログ村 競馬ブログへ
京都11R 菊花賞 芝3000m リアファル ルメール

菊花賞ウィークが始まってから雑誌や新聞、ネット等でたくさんリアファルの
記事を目にすることができて、大変楽しませてもらいました。
G1に出走する人気馬ともなると入ってくる情報がこんなに多いとは知らなかった
です(笑)
こんな楽しい思いをさせてくれたリアファルには感謝の気持ちしかありません。

しかし、ここへ来て距離損が大きくなる18頭立ての17番枠からのスタート、
ルメール騎手が前日に落馬負傷とリアファルに相次いで試練が訪れます。

30分間のヒーロー番組で例えるなら今の状況は番組開始から20分が過ぎ、
ヒーローが敵の攻撃を受けて倒れているあたりでしょうか。
真のヒーローならここから立ち上がって敵を倒してくれるはずです。
続きはそんなシナリオになっていると信じて、3分少々の闘いを見届けたいと
思います。
頑張れ、リアファル&ルメール騎手!

にほんブログ村 競馬ブログへ


東京09R アイビーステークス 芝1800m レプランシュ 7着/2人
前走の勝ちっぷりを評価されて2番人気に推されましたが、7着に終わりました。
スタートで出遅れましたし、直線で2回アラバスターに寄られてスムーズに追え
なかったのが響きました。これでは上がり最速でも届かないですね。

出遅れ癖と他馬を怖がる気性が解消されないとこの先勝ち上がっていくのは
難しいのですが、陣営がどうやって悪癖を矯正していくのかお手並み拝見・・・
と言いたいのですが、高野先生はそのあたり外厩任せにしそうで怖いです。

にほんブログ村 競馬ブログへ

(上の動画は2014年のアイビーステークス。勝ったコスモナインボールは朝日杯、
NHKマイルC、日本ダービーとG1に3回出走してます。)

東京09R アイビーステークス 芝1800m レプランシュ 内田博幸
前走は最後方から直線だけの競馬をして勝ちましたが、アラバスター、
アドマイヤビスタ、スターオブペルシャ、ヒプノティストとメンバーが揃った
今回はそれだと通用しないと思われます。
先々のことを考えて、明日は勝ち負けよりも中団で折り合って末脚を伸ばす
競馬をしてほしいですね。

とか言いながら、勝ったらG1出走がほんのり見えてくるのでちょっぴり欲も
出ます(笑)

にほんブログ村 競馬ブログへ

かつて在籍していた友駿HCで地方所属馬の募集が始まりました。
友駿は一昔前オーストラリアでも馬を走らせていましたから、地方馬を始めたのは
意外と遅かったのではないでしょうか。

今回募集する2頭は100口募集で1口5~6万円とお手ごろなので、地方馬を持つ
きっかけとしては良さそうですね。

にほんブログ村 競馬ブログへ

最近ノルマンディーOCや広尾TCのホームページを眺めるのにはまっています。
セカンドクラブを考えているわけではないのですが、キャロットにはない読み物や
イベント、キャンペーンがあったりして、見ていて楽しいです。

さてさて、マデイラやリアファルの頑張りですっかり忘れていましたが、デビュー前の
2歳馬、ファルセータの調整ペースがようやく上がってきました。
このまま順調に調整が進んで、年内にトレセンに入ってくれることを願っております。
冬場は稼動馬が少なくなりそうなので、そこをカバーしてくれるくらいたくさん走って
くれるといいのですが。

にほんブログ村 競馬ブログへ
8月30日の小倉日経オープンに出走してから放牧されているマデイラですが、
例によって次走の予定がはっきりしていません。

夏に詰めて使ったから、今秋も得意の京都開催と七夕賞3着時と同条件の福島
記念を使わないつもりなのでしょうか。それでは昨年と同じですよね。

現役生活も残り少ないのにこの放置は辛い・・・

にほんブログ村 競馬ブログへ
キャロットのホームページの「活躍馬」欄にリアファルの名前が加わりました。
クラブから活躍を認めてもらったようで嬉しいですね。

この後もキャロットの馬はたくさん重賞を勝つでしょうから、埋もれてしまわない
ように、リアファルも頑張ってほしいです。
願わくはクリソライト兄さんやランフォルセのようにびっしり戦績が書き込まれる
ように。

にほんブログ村 競馬ブログへ


プログレスシチーのデビュー戦は10着となりました。
出遅れて行き脚がつかなかったようですし、直線では外を回してきていたので
この結果は仕方がありませんね。一叩きされた次走に期待しましょう。

プログレスシチーの父はディープスカイなのですが、
先日読んだ本に血統評論家の栗山求さんが「ディープスカイ再評価のススメ」と
いうコラムを書いておられました。そのコラムによると、

・2015年1月から8月末までにディープスカイはJRAで33勝をあげており、
全種牡馬中16位だが、社台SSで繋養されている(されていた)種牡馬を
除くと第5位。3世代でこの成績は悪くない。

・ディープスカイ産駒は上がり時計に限界があるので芝のレースでは厳しい。
芝連対率は12.5%だが、ダート連対率は17.5%と優秀。
芝のG1馬というイメージを捨てて、ダート種牡馬と認識したほうがよい。

・2015年の種牡馬成績をダートのみに限定すると、ディープスカイは25勝を
あげて、全種牡馬中11位タイ。社台SSに繋養されている種牡馬を除くと
サウスヴィグラスに次いで2位タイとなる。

・産駒成績は2歳より3歳、3歳より4歳と連対率が上がっており、晩成タイプと
いえる。ダート向きの晩成タイプであるディープスカイは異質な存在である。


というような記載がありました。(詳細は「サラBLOOD!vol.4」にて)
プログレスシチーは馬格もある程度ありますし、母の父がブライアンズタイムですから、
ダートが合うかもしれません。

にほんブログ村 競馬ブログへ
100131_京都001
(写真は2010年1月31日、京都競馬場パドックに掲出したルクソールシチーの
横断幕です。もう6年近く経つんですね。)

懐かしい写真を引っ張り出してきましたが、今日はルクソールシチーの半弟、
プログレスシチーが阪神競馬場でデビューを迎えます。
そこでネット競馬のプログレスシチー掲示板を読ませていただきましたが、
今でもルクソールシチーのことを大切に思っている方がいらっしゃって、名付け
親としては非常に感慨深いものがあります。
もちろん私も忘れることがない大切な馬です。

残念ながら半兄は道半ばで競馬場を去ってしまいましたが、プログレスシチーには
健やかに競走生活を全うしてほしいです。

阪神競馬場にはプログレスシチーの横断幕が出るらしいので、横断幕を拝見する
のも楽しみです。果たしてどんな横断幕なんでしょうか。

にほんブログ村 競馬ブログへ

(上の動画は社台スタリオンパレード2013で展示されているスマートファルコン)

今年はスマートファルコン産駒に出資したので、一口クラブで募集されて
いるスマートファルコン産駒をざっと調べてみました。
ちなみに2013年の種付け料は60万円で種付け頭数は163頭とのこと。

1.ロゼカラーの2014 牝 1600万 小崎 サンデーTC
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014106251/
ご存知薔薇一族。
母ロゼカラーはデイリー杯3歳Sを勝ち、繁殖として2頭の重賞勝ち馬を
出した素晴らしい馬。
この子は馬体重372kgと小さく出ているところが少し気になりますね。

2.クイックメールの2014 牝 1120万 伊藤圭 ノルマンディーOC
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014104261/
母クイックメールはダートで3勝。
管理する伊藤圭三先生はスマートボーイやプリエミネンス、ダブルスターと
ダート馬のイメージが強く、実際の勝ち星も通算で芝60勝、ダート246勝
(中央競馬のみ)とダートが得意なので、スマートファルコン産駒はぴったりかも。

3.ルナースフィアの2014 牝 1000万 松永昌 ローレルC
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014100545/
半兄はダート重賞5勝のメイショウトウコン。
父をスマートファルコンに変えて、もう一回ダートで活躍させたいという狙いが
明確ですね。

4.スーパーラヴァーの2014 牝 800万 尾関 ローレルC
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014100670/
兄姉に目立った馬はいませんが、中央で使おうとしているので出来がいいのかも。

5.カラベルラティーナの2014 牡 1800万 久保田 キャロットC
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014105870/
母カラベルラティーナはダートで3勝。この馬もダートで活躍させようという狙いが
明確です。何より素晴らしいのは牡馬だったこと。体質が丈夫ならたくさん出走
できそうなのが頼もしい。
さらに管理する久保田貴士先生はダート馬得意ですしね。

にほんブログ村 競馬ブログへ
中央登録を抹消されたクランデールが楽天サラブレッドオークションに出品され、
110万3000円で落札されました。
同じキャロット所属だったムーンセイルが30万4000円、ピュールポーテが50万
2000円で落札されているので、クランデールは何かしら評価されているんでしょう。
新天地で可愛がってもらって、勝ち星をあげてほしいです。

にほんブログ村 競馬ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。